| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ワーキングサバイバーズフォーラム2016 ~がんと仕事~ がんになったら仕事はどうする?

n1_201602081014187b3.jpg

皆勤賞で参加しています、
「ワーキングサバイバーズフォーラム」です。
早いもので今年で5回目の開催なんですね。


今や、ふたりにひとりがガンになる時代。
働き盛りの40代50代でガンになる人がとても多い。
もしも今、ガンになったら?治療費は?仕事は?家族の生活は?

世の中には、ガンになったことで助けてくれる企業もあれば、
残念ながら解雇されるということも少なくないんです。
これが現実。

・・・・・そのときのために、今できることは何でしょうか。
がんになっても働き続ける環境づくりを考えていかなくては。



n2_20160208101419547.jpg



来賓として、札幌市長の秋元克広さんが来てくださいました。



n3_20160208101420a9a.jpg


今回の基調講演では、
日本対がん協会理事である関原健夫氏のお話が聞けました。

なんと、がんを6回も患いながら、今も元気にされているんです。
39歳で大腸がんを摘出。肝転移、再発、肺転移と、合計6回の手術を体験したといいます。
その間も、みずほ信託銀行副社長など数々の役職をこなし、
ずっと働き続けていたということが聞くものに勇気を与えてくれました。


n4_201602081014220e9.jpg


ガンに携わる医師や、患者などの方々のパネルディスカッション。
NPO法人キャンサーサポートの佐々木初美さんは、
ご主人をガンで亡くし、3人の子供を育てながら自らも乳癌に。
それでもなんとかなる、生きていけるということをお話してくれました。

かならず助けてくれるひとがいます。

決して諦めないで。




n5_20160208101423d40.jpg


情報交換会では、
軽食とワインなどのパーティーが(笑)。
これがまた楽しいの(笑)。

愛がいっぱい感じられるフォーラム。

誰でも参加できるので、是非、みなさまも p(*^-^*)q
興味のある方は私に言ってね。


ピンクリボン ワーキングサバイバーズフォーラムとは





| ピンクリボン | 10:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北斗晶さんの乳がん告白に思うこと

今日は、北斗晶さんの乳がん告白という記事に
すっかり心が奪われてしまい・・・・・
とても気になって気になって・・・・・

普通のブログを書く気にはなれず。




今日は、乳癌についてのブログになってしまいますがお許しください。









≫ つづきを読む

| ピンクリボン | 15:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワーキングサバイバーズフォーラムで嬉しい出会いが 二人に一人が癌になる時代 ガンになっても働ける環境を

te4_2014021009195749c.jpg

さてさて、みなさん!!

今日はちょっと真剣なお話をしますので、耳を貸してくださいな。


今や二人に一人がガンになる時代です。
そのうち4人に1人は50歳未満の働き盛りの方と言われています。
自分が病気になったとき、家族は?仕事は?生活は?かかる治療費は?
がんになっても働ける環境づくりが必要な時代になりました。

治療によって半年や一年は休まなくてはならないことがありますが、「ガンで退職」という事が少なくない。
有能な人材が、チカラが、失われていくんです。
それは日本全体から見て大きな損失と考えるべきです。

「ガンになっても働ける環境づくり」


これは患者自身だけではなく、企業や行政、みんなでやっていくべきこと。


明日を生きるために。




がん患者の就労と雇用支援を呼びかけている一般社団法人CSRプロジェクト理事 桜井なおみ氏
テレワークという新しい働き方を提案する(株)ワイズスタッフ代表 田澤由利氏

ふたりのお話を聞いて今後の可能性を感じてきたんです。






≫ つづきを読む

| ピンクリボン | 10:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピンクリボン運動 癌になったら仕事はどうする?

1
2

ピンクリボンイン札幌。

念願だった「ピンクリボン運動」へ。
大切な友人が、わたしを誘ってくれたのです。写真は主催者の木原くみこさん。

「ワーキングサバイバーズフォーラム」です。テーマは、癌と仕事。

癌と診断されたら解雇される場合もあるという現実。
これは決して少なくない事実です。
解雇されなくても職場の人間に迷惑をかけてしまうということから、職場を離れる人も多い。
社会的な援助体制が整っていない日本。
個人でかけている生命保険しか頼れない現実。
でも癌の治療費は1か月30万円もしくはそれ以上になることも。治療費は?生活費は?その保障は?家族は?

もし自分が癌になったら・・・・?

一家の大黒柱である夫が癌になったら・・・・・?

2人に1人が癌になる時代。  まずは、真実を知ることから。





| ピンクリボン | 08:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みなさまへ いっぱいの愛を込めて ピンクリボン

あやめ



親愛なる皆様へ




今日はとても大切なお話があります。






乳癌が見つかりました。




幸いなことに、ステージ1の早期発見でした。

つい先日、右の乳房にしこりがあることに気がついて病院へ。
マンモグラフィ検査と組織採取検査により、細胞の石灰化と14ミリのしこりが悪性であることが判明。

数日後に入院と手術を予定しています。

21日に予定していた道新文化センターの講師を断念したことを、深くお詫び申し上げます。
楽しみにしていた読者の皆様、本当に申し訳ありませんでした。(ごめんね、みんな)
そして、スタッフの方々にも大変なご迷惑をおかけしましたことお詫びします。


ブログは数週間お休みすることになりますが、早期発見に感謝し、サッパリ切って元気に復活します。






乳がんについて



あえてブログで公表させていただいたのは、たくさんの女性に乳がん検診を受けてほしいとの願いから。



乳癌が1センチの大きさになるまでには10年かかると言われています。
わたしは食生活も気をつけていましたし、お酒に関しても10年間一滴も飲まない時期がありました。
息子達も母乳で育てましたし、ほかに大きな病気をしたこともなく、いたって健康でした。
毎日が幸せでストレスも悩みもなく、本当に幸せな人生を送っています。(もちろん今もよ^^)
そして、親戚に乳癌の人は誰もいませんでした。
なにせ体重が減るわけでもなく食欲もあり(笑)、何の痛みもありません。
あるのは、しこりだけ。
発見が遅れるのはこのためです。
日本の乳がん検診受診率は実に10%という低さなのです。
男性は、愛する奥様や恋人のために、検診をしたかどうか聞いてあげてください。
その小さな一言が、命を救うことになるからです。
一度もマンモグラフィなどの検査に行ったことがない女性はすぐに検診を受けて。年齢は関係ありません。
今や18人にひとりが乳がんになる日本。女性の癌のトップです。
欧米では8人にひとりが乳がんに。

このブログを読んで、ひとりでも多くの早期発見がされますように。

そして、たくさんの女性達の笑顔が見られますように。

それを願って・・・・






最愛の夫へ告げるとき



ガンになったことを、夫に打ち明けた翌日。

テーブルの上に小さな手紙が。


「一緒に頑張ろう」


早期発見だから大丈夫と思っていても、それを見て涙。
家族への感謝と愛情を、また深く学んでいます。

そして、母親がガンになったという事実を受け止めなくてはならない息子達の、心の中を思います。







おっぱいありがとう



女性にとっては、とてもとても辛い決断。

でも、命があったことに感謝。

そして、おっぱいに感謝。


入院までの数日間は、近くの温泉に行きまくり、毎日「おっぱい感謝デー」(笑)。
そして術後も温泉に行くつもりです。


悲しみを笑いにかえて。





泣きつつ、笑いつつ、愛しきかな人生。









8月には復帰して、ひきつづきブログを楽しみます。
みなさまの応援待ってます。みんなも乳がん検診へ行くんだよ。早期発見が大切だからね。


みなさまへ、いっぱいのいっぱいの愛を込めて・・・・




乳がんピンクリボン運動のサイト
NPO法人乳房健康研究会
TBSピンクリボンプロジェクト




| ピンクリボン | 07:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |