PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仕事を捨てて家庭に入るということ~女性の幸せ

20060401090532.jpg

しあわせは来るものではなく、すでにそこにあるもの。

私は若い頃、東京青山にあるデザイン会社に勤務しておりました。
やりがいのある仕事。待遇もよく、上司にも恵まれた華やかな世界。

結婚して北海道に帰ると決めたとき、
上司は驚きました。
『キャリアと才能を捨てて、平凡な主婦になるのか?』

しかも、畑の違う男性との結婚。

仕事を捨てて家庭に入った後、
本当にこれでよかったのかと、苦しむ日もありました。

仕事に対して責任を持ち、夢をかけて頑張ってきた女性であれば
なおさら、その苦しみも大きい。

でも、心の中では、分かっているのです。

愛を手に入れるチャンスは、そう多くはないもの。
これだと思う愛を見つけた時、その手を決して離してはいけないことを。
そしてもう、それ無しでは生きていけないことも。

ある友人は、言う。
『こんな人と結婚しなければ良かった。
主婦なんて飯炊きばかりよね・・・。
何故わたしはこんな所にいるんだろう?
わたしは、こうなるはずじゃなかったのよ。
バリバリ働いていて仕事で頑張ってるはずだった。
もっと、違う人を選んでおけば良かったのかも・・・。』

しあわせが足元にたくさん落ちているのに、近すぎて見えない彼女。
ちがう男性なんていない。
ちがう道なんてないのだよ。
あなたはとても幸せなのに。
もし仕事の道を選んでもきっと彼女は同じ事を言うでしょう。
『こんな仕事を選ぶんじゃなかった』と。
すべての原因は、自分のこころの中にあるもの。

わたしの選んだ道は、
神様から与えられた小さな才能を
すべて愛のために惜しみなく使うということです。

これが、私の出した答。
ある日それが分かったとき、とても心がラクになりました。
家庭に入り、誰の目に留まることが無くても、
何かに認めてもらうことが無くてもいい。
ただ、愛のために。


夫婦はお互いにとてもお世話になることだと言います。
お互いに共働きでも、離れていても、どんな障害があっても
感謝の気持ちさえあれば、しあわせになれるものです。

ある時、大将が言いました。
『おまえも、大切なものを捨ててきたんだな』 

わたしの出来ることは、彼の人生を最後まで見ていくこと。
わたしのすべてを受け入れてくれる大将に、
感謝をこめて、ありがとう
これからも、ずっとよろしくね♪


先日の夫婦のあり方という記事に、爆走!!強妻頑母がゆく!のアンティークマムさんがたくさんの意見を書いてくれました。ありがとうございました♪
関連記事

| 夫婦と子育て | 10:05 | comments:46 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

何とも。。。

すごい。今日のお話。
私も専門学校まで行って手に職をつけて、それを活かせる仕事に就いたのに、去年旦那さんの仕事を手伝うことになって辞めたんですね。  基本的にどちらもPCを触る仕事だから大して違いはなかったんだけど。。。 でもおかみさんってばスゴイ転職ですっ(笑)上司の方が驚くのも無理はなかったような(^ー^;)   でも最終的にそれが「幸せ」ならOKなんですよね☆☆

| ゆか | 2006/04/01 10:28 | URL | ≫ EDIT

早速やってきました。

リンク、ありがとうございます。
やっぱり、おかみさんもそうだったのですね。
何~となく…感じておりました。(笑)
おかみさんと大将の出会いにも、いろいろな事があったんだなと思うと、
何だか読んでて、涙が出てきました。

>愛を手に入れるチャンスは、そう多くはないもの。
>これだと思う愛を見つけた時、その手を決して離してはいけないことを。


若い頃の私には、“本物”を見極められなかった…。
でも、欲張ってはいけません…大切なモノを手に入れるには、
他の全てを、捨てなくちゃいけない事もある。
ワタシも幸せは来るものではなく、掴み取るものだと思っています。
そこにあるんだから、掴み取ればいいだけ。
ほんの少しの、勇気と意志をもって。
でも、本当の意味での“感謝の気持ち”に気づくまで、10年も
かかってしまいましたよ…。(反省…)
大将とおかみさん、また、大好きになりました。
ワタシの目標です。 ありがとうございます。
そして、これからも、よろしくお願いします。


| アンティーク・マム | 2006/04/01 11:04 | URL | ≫ EDIT

その通りだと思います

>すべての原因は、自分のこころの中にあるもの

私もそう思いますよ、おかみさん!
周りには旦那様の愚痴ばかり言ってる人が結構多いの。
聞いてる私まで後ろ向きになりそう・・・
でもその原因は自分にあるのでは?とよく言います。
結局は、何でも決めるのは自分だと思うから。
後になって誰かや環境のせいにするのはどうかと思うんですよね。
そから切り開くのも自分。
自分次第で幸せになれるのだと思います。
やっぱりおかみさんって素敵!

| aira | 2006/04/01 11:38 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
私は大学卒業後、1年別の学校へ行って国家資格を取り働いていました。
出産後は専業主婦になり、転勤でいろんな場所を転々としていました。
夫には国家資格を持つ専業主婦とからかわれています。
夫は共働きの家庭で育ったので、私が子供たちにいろいろするのを見て
お前たちはいいなーと子供に言ってくれます。
でも夫の勤務していた会社の倒産を経験したことがあるので、
下の子がある程度になったら仕事に出るつもりでいます。
いつになるかは分かりませんが、これからも子供に愛情を注いで
いくことには変わりありません。
まだまだ発展途上の夫婦ですが、おかみさんと大将のように素敵な夫婦になりたいなぁ。


| まるる | 2006/04/01 12:08 | URL | ≫ EDIT

やはり、おかみさんは 只者ではなかった!
でも、才能のある人は どこででも輝けるんですネ♪
そして 「これだと思う愛」 を見つけられて、さすがデス。
世の中に結婚適齢期を気にせず、本物の愛で結婚できる人は そう多くはないような。。
やはり、自分を磨いて 何事にも感謝する気持ちを持ってれば、素敵な出会いができるのかな。
当たり前のことを有難く思って 過ごしていきたいなぁと感じました。 
おかみさん、いつも人生が豊かになる 気づきを ありがとうございます☆

| ますっち | 2006/04/01 12:28 | URL | ≫ EDIT

大将も幸せもんですね(すいません、言い方フラットすぎます?)
みんなのこの記事を読んでもらいたいなぁと思いました。
僕の場合は、相手を見ながら、ゆっくりじっくり暮らしていくことかな。

| しま | 2006/04/01 12:36 | URL | ≫ EDIT

今日の幸せ

私の今日の幸せは、この記事を読むことが出来た事です。
自分ばかり認めて欲しい、認めて欲しいと思いながら、相手を、周りを認めることは結構忘れてるんですよね。
夫のことを認めることが出来ないうちは、自分で自分のことすら認められていなかったように思います。

おかみさんのように『何かに認めてもらうことが無くてもいい』と思えるまでは私にとって遠い道のりだと思いますが、そう自分で思えるまで頑張ります。

余談ですが・・・
おかみさんのところを訪れる方達は、どなたも素敵な方ばかりですね。  リンクから遊びに行かせていただくことがあるのですが、本当に勉強になります。  これも、おかみさんのお人柄なのでしょうね。

| SNAFKINわたこ | 2006/04/01 12:50 | URL | ≫ EDIT

デザイン会社仕込みの4こま漫画だったのですね(^^)

しあわせになるのって、ほんとに自分次第ですよね。

1人でいるときには1人のしあわせがあったし、2人になったら2人のしあわせ、3人、4人と増えていくと、だんだん形は変わってくるけれど、やっぱりそれぞれのしあわせがある。
それを感じられるかどうかは、その人の感性と、自分で決めたという自信かな?っておもいます。
自分が選んで決めたことなら、悩んだり苦しんだりすることはあっても、結局はそれでよかったんだって納得できるはず。
あたしは未熟者なので、つい誰かのせいにしたくなることもあるけれど、回り道しながらもたどり着く場所はきっと一緒。
大事なのは、1つ1つ後悔しないように、自分できちんと決めること。
そうやって選んだ道ならば、専業主婦だって共働きだって、独身だって、しあわせになれるのだとおもいます。
後は、大切な人だけが、ありがとうって言ってくれたら、それだけでしあわせになれますよね。

| かおり | 2006/04/01 14:22 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~。

おかみさんのデザイン関係の仕事についていたという事は、納得です。
アップされている画像の表現の仕方。とてもキレイで分かり易い。それが、気を許さず毎日更新されているのですから。。。

私も、才能のある人は、そこが派手な場所でなくても輝かれると思っています。
それは、その人の心の持ち方だと思いますが、まずは、物事(仕事)を受けいれる時、楽しんでやる事ではないでしょうか?

子供を持つと 保護者会などのお世話役員が廻ってきます。
そういう時も、快く引き受ける。
「それは、自分自身 勉強できるチャンスが来たわ!」と言う感覚で。。。 「面倒と思わず 楽しむ」
子育てが大変な時も、「この時期は一生に一度しかないのだから充分楽しもうって。。。」
仕事は、会社の中だけではありませんものね。

そして、おかみさんのスケールの大きさには、驚きです。
自分のブログだけでなく、同業のお寿司屋さんや他の方のブログの紹介まで 上手になさって。。。

これが、仕事の出来る人の技だと私は思います。
知らず知らずに人が寄ってくる。
発信元がここのブログで、私もおかみさんのブログから目が離せません。

| ルーズメリー | 2006/04/01 15:08 | URL | ≫ EDIT

うんうん、分かります。

学生時代、ある大手の航空会社の研修(という名の忙繁期のお手伝い)に学校から推薦してもらえて行ったんですけど、その勤務契約が終わってしばらくしてから、「また手伝いに来て」ってその会社から直接言われたんですよ。
そんな事、普通なら有り得ないので、何を投げ打っても行くものなんですけど(受ければ内定が出る可能性が高い訳だし)、でも私は断ったんです。
割りの良いバイトが決まった直後だったから…(^^;
だって航空会社のお手伝いは2週間とか1ヶ月で終わりなんだも~ん(^^;
学校の先生からも友達からも「アホや・・・・・」と呆れられましたが
そのバイト先で出会ったのがオット。
空港を闊歩して仕事する夢と引き換えに、オットと子供と家庭をもらいました♪

| たーちゃん | 2006/04/01 15:10 | URL | ≫ EDIT

う~ん

感慨深すぎてコメント出来ない感じです・・・思い、感じ、そして共感すること、自分と重なることも多くて・・・この事は今度、自分のブログにて考え文章にしたい気持ちになりました。ご紹介頂いたアンティーク・マムさんの記事を読んでも同じです。言葉に上手くまとまらなくて・・・とにかく今は「書いて下すって有難う、おかみさん」という気持ちで一杯です。

| ノンちっち | 2006/04/01 15:19 | URL | ≫ EDIT

初めてお邪魔します。
先日、偶然このブログを見つけ、美味しそうな料理の数々、それより何より素敵な夫婦だなぁと思い、夜中に一気読みをしてしまいました。(笑)

私は男女平等の国、北欧に暮らしています。
こちらでは女性も仕事をするのがあたりまえ、その為の社会的システムは日本に比べたら格段に揃っていると思います。
仕事も共働きならば、家事も共にやる(女性がやる割合は高いですが。)のがこちらの基本的スタイル。
税金も給料の40%、50%持っていかれてしまいますし、消費税は22%。それに日本のように旦那の扶養家族という考えはなく、保険も年金も完全に個人の積み立てのみなのです。基本的生活は守られていても働かなくてはいけない状況なのかもしれません。なので、ある意味、日本よりも「専業主婦」は肩身が狭いとよく聞きます。

男女の役割分担はあると思いますが、こちらのお父さん達がが保育園の送り迎えをしたり、仕事の後、週末、子供と外で遊んでいる姿を見るとこれも素敵に思えます。

共働きで子供を預けているけれど、仕事の後、週末、休暇は家族との時間を大事に過ごす。普段のちょっとしたことは気づいてあげられないかもしれないけど、こちらの子供達にはわかってもらえているような気がしています。

日本は労働時間も長いし、システムも揃っていない。なかなか難しいですよね。どちらがいいのかは正直、私にもよくわかりません。

でも、おかみさんのように、いつも「ありがとう」の気持ちを持っていれば、どんな家族の状態でもうまくいくのでしょうね。

まとまりなくつらつらと長文を書いてすみません。
また遊びに来ます。

ああ、魚食べたーい!(北欧は魚の種類が本当に少ないのです)
美味しそうな料理にいつも目で保養させてもらい、おかみさんと大将の愛情に心の保養をさせてもらっています。






| KISSA | 2006/04/01 17:54 | URL | ≫ EDIT

よ~めに~~こないか~~!

加山雄三さんのメロディが聞こえて来る記事ですねぇ~~!
私はそう歌ってくれる人をず~っと待っているうちに40才になっちゃいました。

学生の頃、恩師に「お前はさっさと結婚しろ!さもないと
大変な事になる。でも難しいな。2つのパターンだな。
1つは世界中を飛び回るヤツにくっついてお前がかばん持ちをするか
もう1つはお前が飛び回っててうしろから、のこのこ付いてくるヤツだな。」
20歳の頃におっしゃって、その当時は笑っておりましたが
その「ヤツ」には、いまだに出会わずじまい・・・。あぅ~!

食いしん坊の私は小さい頃から「お菓子屋さんのお嫁さん」に
なりたいと密かに思い続けていますが、(お寿司屋さんも
いいと、最近このブログを見るたびに思いますが)
残念ながら出会っておりません。

娘を産んで育てるだけの給料と時間もシステムもありますし、
フランス人とはどうしても気が合わないし・・・。

仕事をストンとやめて「愛」を惜しみなく使いたいんですが
フランス語と日本語両方しゃべれて、
このずぼらな私に冒頭の歌を歌ってくれる方いらっしゃいませんか~?
ここでしっかり宣伝させていただいて、よろしいかしらん?

それか、最後の手段でおかみさんのような方に
お嫁さんに来てもらうか・・・!あ~冗談ですよ~!

| はるるん | 2006/04/01 18:50 | URL | ≫ EDIT

私は3年ほど前に離婚しているので、幸せな家庭とはほど遠い結婚生活だったんですけど、もう少しお互いに思いやる心があったならと、今になって思います。
でも「目を三角にして白目むいて怒る」のはやめてもらった方がいいですよ(爆)

| kuri2 | 2006/04/01 19:19 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

いろいろな方のブログで、おかみさんのお名前をよくお見かけしておりました。
一度ゆっくりブログを拝読させていただこうと、お邪魔させて頂きましたところ、
このお話に大きくうなずき、思わずコメントさせていただきました。
結婚適齢期をものともせず、これだと思える愛をみつけるまでは
結婚に踏み切らなかった私。結局、人より時間がかかりましたが、
私もかけがえの無い愛を見つける事が出来、
生涯その愛を育む事を選択しました。

>どんな障害があっても、感謝の気持ちさえあればしあわせになれるものです。
そうですよね。感謝の気持ち、相手を思いやる気持ちがあれば、
お互いおのずと幸せになれると思います。
私には、世間から見ると障害というか大変ね、といわれるようなことがありますが、
私自身は、そのようには感じてないのです。
何事も不足をいえばキリがありません。
わずかの事にでも感謝をしていれば、幸せな気持ちになって笑顔になれる。
相田みつおさんも仰っていたように、
幸せは自分の心が決めるものですしね。
結婚3年目に入り、生活が少し変わるかもしれないという時に、
おかみさんのこの記事を読ませていただき、
自分の気持ちを再確認できました。おかみさんに感謝です。
ありがとうございました。


| アンジェリカ | 2006/04/01 20:24 | URL | ≫ EDIT

うんうん。とうなずいてばかりです。
青山というオシャレな街でデザイン会社で働いていたとは、さすがおかみさんですね。何でもできて羨ましいですv-398
v-353華やかな職業で、才能とキャリアを捨てられるほどの大恋愛をされて大将と一緒になったんですね。
私も、幸せは自分で掴み取るものだと思います。
すべて愛の為に惜しみなく使う。なんてよっぽど大将は素敵な人なんですね。
大将はこんなにおかみさんに想われて幸せものですね。
大将とおかみさんは、とてもよく分かり合えているご夫婦ですね。
私もそういう関係でいたいです。
大将と一緒の人生に満足されているんですね。
そんなご夫婦が私の憧れです。
私は、関東で一人暮らしもしていました。
その時に、ストーカーにあい、とても怖くつらい思いをして、京都に逃げ帰ってしまいました。
私の生きていく場所は関東だと、ずっと思っていましたが、
今は優しい旦那とおしゃべりな子どもに恵まれて幸せですv-411
私は主婦としてママとして女として、いつまでも輝いていたいです。
そして、そのv-423をけして離しません。
素敵なお話で、私も幸せ気分上昇しちゃいましたv-344次回は、大将とおかみさんの出会いなんてどうですかv-362

| kazuママ | 2006/04/01 21:08 | URL | ≫ EDIT

いやいや、まったく、その通り!
私も農業の事、全く知らないでお嫁にきて36年です
極楽トンボのような夫婦やってます

| ふたばこ | 2006/04/01 21:18 | URL | ≫ EDIT

うーん

胸が痛い・・です。
なんと書いていいのか分かりませんが
こういうお話もっと聞きたいなと思いました。
あまり周りでこういうお話聞くこと無いので(^-^;

おかみさん
いつもステキなお話ありがとうございます。
わたしも いつか幸せになりたい・・じゃなく
なりますъ( ゜ー^)♪

| ひめ | 2006/04/01 21:48 | URL | ≫ EDIT

こんばんは、
今日のお話はちょっと「どっき」としました。
私は10年間働いた職場を辞め、転勤族の旦那と結婚しました。
転勤になるたびに、何で私はこんなところにいるのだろうと思いました。今でも時々思ったりします。

ただ、不思議と「この人と結婚しなかったらどうなっていただろう」とは思いません。
二人になって学んだことが多かったし、人間として成長したと思うからです。

そして何より子ども達に出会えたこと。
たくさんの幸せを私たち夫婦にくれました。
子供を産んで、愛って一つのものを分け合うのではなく、増えていくものだなぁって実感しています。

私たちももっと成長していきたいな、と思いました。

| marimo35 | 2006/04/01 21:55 | URL | ≫ EDIT

自分にとって何が大事なのか…。
それが重要ですよね。
自分が幸せになれるかどうかって、実は自分次第だったりするんですよね。いつまでもないものねだりをしたり、他人と自分を比較しているような人はいつまでたっても満足できなくて幸せだって感じることができないんだって思います。

| kuraki | 2006/04/01 22:06 | URL | ≫ EDIT

皆様へ
こころのこもったコメントありがとうございました。
皆様の貴重な意見に、また更に考え、思いふけっておりました。とても大切な意見や、重要な意見が、たくさんよせられましたことを、嬉しく思い、感謝の気持ちでいっぱいです。今まさに何かの壁にぶちあたり、さまよっている人が、この数々のコメントによって少しでも元気付けられますように。こころに傷ついた人が、このページによって少しでも前向きになってくれますように。このコメント欄に対する個別の返信は控え、皆様の貴重な意見を書く場所にしたいと思います。皆様、ほんとうにありがとう。

| →皆様コメントありがとう!おかみさんより | 2006/04/01 23:33 | URL | ≫ EDIT

自営業で1日中一緒、何十年もの間この形で過ごしてきました。
これが当然の様な生活です。夫婦は空気のような物と、言われますが、まさに、その通り、会話など殆ど無いに等しいですね。それでも相手が何を考えているか、思っているかは分かるんですよ。不思議なものです。キャッチボールと同じで、感謝も愛も此方から与えれば、必ず返ってくるものです。ボウルを持って立っていても、何も始まらない。一日の始まりは、笑顔の、おはよう!から

| setukosan | 2006/04/02 01:28 | URL | ≫ EDIT

寿司屋のおかみさん、おはようございます。

4月1日は私にとって大切な日。年度始めでもあるのですが。
ステキなお話を聞かせて下さってどうもありがとうございます!!!

| ひらぽん | 2006/04/02 07:10 | URL | ≫ EDIT

キャリア

を積むと、仕事に傾ける情熱、人生の中で占める割合が大きくなる傾向にあるのかもしれませんね。

今お付き合いしてる彼と私も、専門が全く違いうので、この先、どちらかが相手方に合わせていくことになりそうです。
幸せモノなことに、彼は私に合わせても良いといってくれてます。私も(彼には言ってませんが)、彼に合わせてもいいと思ってます。
出会って、仲良くなれて、お互いにそんな風に思える関係になれたこと、が、とても幸せ。

この先、まだどうなるかわからない2人です。
でも、将来、自分が振り返ってみたときに、「捨てたもの」ではなくて、パートナーと2人で「つくりあげたもの」がたくさんになって、それらを大切にしていけるといいな。おかみさんと大将みたいに。(*´艸`)。

| るー | 2006/04/02 09:31 | URL | ≫ EDIT

言葉を失う。。。

結婚当初は、大好きな人と結婚できてとにかく幸せでした。

数年経った現在、幸せではあるものの、仕事と家庭とのバランスがうまくとれず、旦那さまにストレスをぶつけていました。
そんな旦那さまは、私がすっきりするまで黙って耐えていました。
「いつでも味方だから思うようにやってみろ」って言ってくれてます。
こんなことを当たり前だと思い始めていた自分に反省です。

>夫婦はお互いにとてもお世話になることだと言います。
>お互いに共働きでも、離れていても、どんな障害があっても
>感謝の気持ちさえあれば、しあわせになれるものです。

確かにそうです。
心を入れ替えたいと思います。
おかみさんと大将のような夫婦を目標にしていきたいと思います。
素敵な話をありがとうございます。

| わいわい | 2006/04/02 09:47 | URL | ≫ EDIT

世の中の女性皆が読んで欲しいくらい

素晴らしい記事なんでトラックバックというものをしたいのですが
どうやってするのかな?
まだまだPCがよくわからない(>_<)
ちょっと頑張ってみますので了解ヨロピク!

| レオママ | 2006/04/02 12:08 | URL | ≫ EDIT

どうも^^

v-238感動で(涙

貴重なお話。

お断りもなしにトラックバック・・・
blog始めてから初めて致しました。

有り難うございます。

| rosa | 2006/04/02 12:45 | URL | ≫ EDIT

すばらしい言葉

幸せですね!

| いっけん | 2006/04/02 14:43 | URL | ≫ EDIT

>神様から与えられた小さな才能を
>すべて愛のために惜しみなく使う・・・

>わたしの出来ることは、彼の人生を最後まで見ていくこと・・・

心にずしんと響きました こう有りたいと。
ありがとう。

| suwaro | 2006/04/02 16:21 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

札幌に平成元年から2年間住んでいました。「森もと」のお菓子屋さんの話とか、懐かしく読ませていただいています。
人間は「ラブ&ハーモニー」でできていると思っているので、とても納得して読ませていただきました。幸せは自分でしか決められないってことですね☆

| あけみ | 2006/04/02 16:51 | URL | ≫ EDIT

(*^-^)ニコ

こんにちわ!
素敵な言葉と心に触れ、とっても幸せな気持ちに
なりましたよ。
自分のこころの中にあるもの、ほんと大切ですよね。
夫婦の絆って、お金では手に入れられないし、まして、
心は魂ですものね。
ふと、自分を振り返り、旦那さんを大事にしなきゃな。

| うさうさ | 2006/04/02 17:02 | URL | ≫ EDIT

私も25年ほど前務めていた銀行を辞め大阪から鳥取の山の中に来て農業をしました。現在はしいたけ栽培と勤めにでていますが、土地に慣れることがたいへんでした。今は、自然がいっぱいで雪さえ無ければとおもいます。手作りがだいすきでいろいろなことに挑戦しています。いま和太鼓も若い人たちといっしょうにスパーおばちゃんにちょうせんです。

| 手作り大好きm | 2006/04/02 17:42 | URL | ≫ EDIT

そうですよね~

はじめまして~おじゃまします!

本当にそうです!!
幸せは自分の中にあるんですよね~
私の周りでも旦那様や子供達のグチを言う方沢山います。
聞くたびに、もったいないなぁ~思ってしまいます…
いつも側にある大切な幸せに気付いていないのですから…

旦那様、子供達、家族~
その存在だけで私は毎日幸せを感じています!
いつでも今が一番幸せだと思っています。

そして、こんな風な心持で毎日楽しく生きていけるのは
旦那様と子供達のおかげだと感謝しています!

| とも | 2006/04/02 20:22 | URL | ≫ EDIT

ふたり

◇ぼくの両親も離婚していますし、周囲にも離婚がいっぱい。離婚が常に悪いわけではなく、どうしても駄目だったならば、その結婚を卒業することも必要ですよね。離婚して生き生きと幸せになった人もたくさんいますから。不幸せな2人のままでいるよりは、幸せな1人になるのも、ありですよね。◇ただぼくは、ずっと幸せな『ふたり』のままです。彼女は今では専業主婦ですが、一部が重なり合う2つの円を互いに楽しんで生きています。違いを認めあうこと、だけど重なりあうことその時間を最優先すること、それだけですね。相手の魅力は出会った時の相手の中に既にあるのではなく、素材から造り上げてゆくものですから。だから彼女は、出会ったときよりも今の方が、明日の方が、素敵になってゆくのです。ワインが熟成してゆくように。それに気付く男でなくてはいけません。

| ssw | 2006/04/02 20:54 | URL | ≫ EDIT

初めまして!

初めまして、こんばんは!
マドさんの所から、ひょっこり飛んできました☆
>しあわせは来るものではなく、すでにそこにあるもの。
おぉ・・・そうですよね!うん。

いろいろ、不平不満を言う前に・・・
暗いと不平を言う前に…進んで明かりとつけましょう!
全て、心の中にあるんですよね・・・
どう受け止めるのかも、幸せも。

>神様から与えられた小さな才能を
すべて愛のために惜しみなく使うということです。
同感です!
まだまだ未熟すぎて、どうしょうもない私ですが、
明日から、頑張りたいと思いました!!

| ☆しらゆりさん☆ | 2006/04/02 23:29 | URL | ≫ EDIT

おかみさんってインテリなOLさんだったんですね(@@V)カッコイイなぁ~ 今も家族をしっかり支える(お料理はプロ級!細かい作業もこなせちゃう)立派なおかみさんですね(凄いっす^^)器用ですよね・・・大将は凄く男気あるし(コメント読んでて思いました)
まーさに理想の御夫婦像です だから自分も何かつまずく事沢山有るけれど おかみさんと大将の一途に頑張ってる姿を見て努力は必ず実ると実感してます 自分は努力は苦手なタイプですが
努力無しでは何もツカメナイですよねきっと♪ホント素敵なプログ
に出逢えてサイコ=です

| 豊 | 2006/04/02 23:52 | URL | ≫ EDIT

おかみさん かっこよすぎ!!!
そして大将と 心が通じてるのがよくわかります。e-266
私も山あり谷ありで(ほとんど谷なんですけど) 結婚して後悔の念もあるんですけど^^; でもかわいい元気な子供がいて 家族の為に働いてくれる旦那がいて・・・それだけで幸せです。それは
私も感謝してます。
旦那とは死ぬまでに 心通じるいい関係になれたらいいなぁ

| ままんご | 2006/04/03 00:25 | URL | ≫ EDIT

おかみさんの言うこと、よくわかります。
夫の尊敬する人の言葉に「夢を見ても、現実が一番美しい」というものがあります。
これは、身近に幸せがないのではなく、見えていないだけなんだ、ということだと思います。
それにしても、ブログという場で、意見が堂々と言えるおかみさんは、すごい!
こころから尊敬しています。

| 麻。 | 2006/04/03 05:29 | URL | ≫ EDIT

すごい!いい話しです。思わず涙が・・

| BOBOS | 2006/04/03 08:43 | URL | ≫ EDIT

大将へ、おかみさんへ、この記事やお二人を思うと、この言葉が浮かびました。
「桃李ものいわざれど、下自ずから蹊を成す」
私の大好きな憧れの言葉。

| すろう | 2006/04/03 12:41 | URL | ≫ EDIT

しあわせ、かぁ。

おかみさんも、唯一無二の愛を、見つけられた幸せな人なんですね。大げさかもしれないけど、私も「愛」がなくちゃ、生きていけません。
子供が出来て「愛すべきもの」が二人に増えて。仕事がひどくて午前様になったり、いろいろ大変だけど、私って幸せ者だなぁ、って思えますもん。

| とにゃんこ | 2006/04/04 01:05 | URL | ≫ EDIT

なんて言うか 私の持論は、

人が生きる目的 それは 幸せを感じるため

なんですが、「今このときに何をすれば幸せを感じられるか」というのが一つ、それは私が日々 追求していること。次に 「今していること 今の状況を幸せと感じることができること」 それは 私には まだ少し足りないことかもしれません。(・・・と おかみさんの記事を読んで少し実感した ぐっさん。でした)

大きな幸せを得るためにしたこと、今を幸せと思えること ってこういうことなんだなぁ と思いますね。

俺 いったい 何を言いたいのか分からなくなってきましたが・・・ ということで。

| ぐっさん。 | 2006/04/04 01:10 | URL | ≫ EDIT

そうだったんだぁ~っ!
目からウロコの隠れおかみさんファンのうづまきでございます(^^ゞ
おかみさん、こんにちは(*⌒▽⌒*)

画像や言葉などいたるところにぴかっとしたセンスの良さを感じていました。
おかみさんの作るおうちごはんもとっても美味しそうo(^-^)o

アァ~っ、なんて素敵な女性なんだ

おかみさんレシピを参考にしてチーズケーキも作ってみたいし、花ばたけ寿司も♪
そして、いつかいちいさんの暖簾をくぐっておかみさんに会いに行くぞぉ~ヾ(@^▽^@)ノ

| うづまきなると | 2006/04/05 17:00 | URL | ≫ EDIT

気持ちひとつですよね。
なかなか思っていても 行動に移せない人が多いし、できないものですよね。
ブログだってそう。続けようと思っても続かないし・・・・
女性だから男性だから・・・は関係ないですよね。
相手を思いやる気持ちはもちつ、もたれつ・・・で。

そんな人を早く探さなくちゃです( ^3^)/

| yoshie110 | 2006/04/09 19:24 | URL | ≫ EDIT

ごぶさたしてました~

ちょっと久々におじゃましたら、「いったいどこにコメ入れよう・・・v-17」状態。。
で、順々に読んでいて、この記事で涙しました。。。

で。
やっぱり・・おかみさん、タダモノじゃないと思っていたのよ~~~!!!!

寿司屋を継がなかった一人息子と結婚して“シャコのツメ”の味を知ってしまった、鈴雨より。

| 鈴雨 | 2006/04/17 17:24 | URL | ≫ EDIT

感謝の気持ち

皆様、またさらに温かいコメントありがとうございます。
同じような境遇の方や、今も悩んでいる方に、きっと大きな勇気を感じてももらえたのではないかと思います。みなさまの、貴重なコメント、本当にありがとう。何年たっても、この記事を見た人はコメントをどうぞ!わたしは、必ず目を通しています~~★

| →皆様コメントありがとう!おかみさんより | 2006/04/19 17:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメントはできない設定になっています

TRACKBACK URL

http://ichii445.blog42.fc2.com/tb.php/120-bbd29134

TRACKBACK

動機は

「愛」何事も始めは愛から食べて愛から仕事して愛から・・・悪口も言いましょう・・・待てば必ずよき一日が終るようになり

| ラストダンス (Last Dance) | 2006/04/02 12:40 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT