FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サッポロクラッシック富良野vintage発表会に行ってきました

1


今年もやってきましたね(^-^)
今日23日はサッポロクラッシック富良野vintageの発売日です。


昨日は、マスコミ向けの「サッポロクラッシック2012富良野vintage発表会」へ行ってきました。

発売5年目となる富良野産の生ホップを使ったビール。
今年は猛暑でしたが良い天候による影響で予想以上の量を収穫できたそうです。
ホップの成分も良質で、ややおとなしい苦みが特徴だとのこと。
富良野vintageは、発売以来どんどん売上を伸ばして今や大人気。
瓶ビールが発売された昨年からは、わたしたち飲食店も争奪戦です(笑)・・・買える量は限られてますけれど。
サッポロビールはホップと大麦を品種開発から手掛けている日本唯一のビールメーカー。
これぞ北海道産ですね。


旬の生ししゃもと合わせて飲んでみました
札幌100マイルのサッポロクラッシック富良野vintage応援隊のメンバーになっています。
旬のししゃも寿司と合わせて飲んでみたら、これまた美味しい。
マイルドなのどごしと、生ホップの上品な香りを感じました。
旬のビールがいただける幸せを堪能。





2

場所は、道庁赤れんが2階です。
由緒正しき赤れんがの建物に癒されます(^-^)


3

たくさんの報道陣が集まってます。知ったお顔もチラホラ。

4

サッポロビール北海道原料センター長 須田成志さん。
サッポロビール常務執行役員 高島英也さん。
上富良野町長 向山富夫さん。 
北海道農政部食の安全推進局長 土屋俊亮さん。
司会の土上さん。

ビールの歴史や上富良野町についてのお話、原料についてなどトーク満載。


5

富良野vintageは富良野産の生ホップを使っていますが、
実は生のホップを使ったビールって生産が難しいんです。
ホップは酸化しやすいという弱点があるんですが、ホップ生産地とビール工場が近い距離にある北海道なら、
摘んだばかりのホップをすぐに工場へ持って行って生産出来るというわけです。


1

ちなみにこれは今年の8月に行ってきたホップ摘みツアーの写真です。
毎年行われているこのツアー、いつもファイターズバスなんですよ(笑)。
この生ホップがそのままビールになって、今日いただけることの幸せ♪
ああ、北海道っていいなぁ~~


6

さて、道庁赤れんがから移動してKKRホテルの試飲会場へ。

1

これぞ、生ホップの香り。
のどごし良く芳醇な香りが広がって・・・・うまい!!


2

みんなで〆のカンパイ!!

本日発売です!早く酒屋さんへ行きましょう!
お店でしか飲めない瓶ビールは、是非、行きつけのお店でお楽しみください。
お待ちしております~~(^-^)


サッポロビールの関係者の皆様、お世話になりました。ありがとうございました。






関連記事

| がんばれ北海道! | 09:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT