PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

遠軽町を盛り上げよう!白滝じゃが江面ファーム~丸瀬布いこいの森・昆虫生態館

en3.jpg


見てください、これ。

何だと思います??じゃがいもですよ。「ジャバラポテト」という料理です。


寒暖の差が激しい遠軽町の白滝(しらたき)。

ここでは知る人ぞ知る「白滝じゃが」というジャガイモを栽培しております。

温度差のある土地ならではの越冬ジャガイモの味とはどんなものでしょうか?
遠軽にて新規就農で頑張っている江面ファームさんを訪ねました。









en4.jpg

こちらは、江面ファームの奥様である江面陽子さんです。
江面ファームでは、東京ドーム8個分の農地に、馬鈴薯、麦、甜菜、スイートコーンなどを栽培しています。


「自然の中でのびのびと子育てをしたかったのです。」と話す陽子さん。
母として女性としての強い意志を感じる大きな瞳が印象的。
農業を志す若い青年たちが増えてきて嬉しいですね。



en1.jpg

陽子さん特製の「白滝じゃがグラタン」。
ほくほくの白滝じゃがを牛乳と生クリームでグラタンにした一品。ニンニクがアクセントになって美味。

そうそう、先ほど紹介した「じゃばらポテト」の作り方を紹介。
生のジャガイモを下までは切らずに細かい切込みを入れ、オーブン180度で1時間半。
ゆっくりじっくり焼いて作ることで、まるでサツマイモのような甘味と食感ができるのです。

白滝じゃがは、新じゃがの時期もホクホクで味に定評があります。越冬しても格別に美味しい。
まだまだ知られていないジャガイモのブランドですが、江面さんの白滝じゃがはネットでも即完売の大人気です。
農家のじゃがいも料理レシピ本も、販売中ですよ。




en2.jpg


みんなで写真を撮りまくります(笑)。
美味しいジャガイモ料理に、みんな笑顔です。
じゃがいも農家でいただく料理は、なんて美味しいのでしょう。

en5.jpg

こちらは、ご主人の江面暁人(あきと)さんです。

もともとは北海道北広島市出身の道産子です。
東京でのサラリーマン生活を経て新規就農へ。
家族とできるだけ一緒にいたいと思ったと話す江面さん。とってもイケメンです!(笑)


もともとIT企業にいらしたという江面さんですから、当然インターネット環境にも詳しい!
遠軽のネット担当になっているようでこれからの活動に期待がかかっております(笑)。
農業とインターネットは大切な要素です。

江面ファームのブログはこちら。←面白い(笑)






いこいの森 昆虫生態館で驚く!


engar1.jpg

丸瀬布にある「いこいの森」ってご存知でしょうか?
雨宮21号というSLに乗車できたり遊具やキャンプ施設も充実。丸瀬布温泉も有名です。
こちらの近くに「昆虫生態館」というのがあるんです。
希少な種類の昆虫がたくさん見られるという日本でも有数の昆虫館。

わたし、虫や昆虫苦手です・・・・・(笑)

でもね、昆虫が大好きな少年がたくさんいます。
おじいちゃん、おばあちゃん、孫のためにも頑張って勉強しましょう(笑)

engar3.jpg


さて恐る恐る入館してみましょう(笑)。

まずは、あの有名な俳優でもありタレントさんでもある哀川翔さんの昆虫ブースが鎮座。
通称「アニキの森」です。

どうしてここに哀川翔さんの昆虫ブースがあるのかと聞いてみました。
遠軽町役場の方が哀川さんと交流があり、昆虫好きな哀川さんは何度も遠軽へ足を運ぶようになったとか。
それをキッカケに自分の飼っている昆虫を皆さんに公開してくださるということになったそうです。
人の出会いとは面白いものですね(*^_^*)


engar4.jpg

ヘラクレスヘラクレスですよ~~(-_-)

大きいです・・・・・こわいです・・・・この昆虫館で生まれたそうです。
パソコンのマウスくらい大きい・・・・


engar6.jpg

昆虫館のなかにある、蝶の広場。

ここで大きな食べごろのバナナを発見!!美味しそうだな~~と思っていると「食べてみますか?」と。
ありがとうございます、もちろんいただきますとパクパク食べる私達(笑)。



engar8.jpg

もぎたてのバナナを食べたのは生まれて初めてです。旨い。


engar7.jpg

花よりダンゴになってしまうところだった、蝶も撮影しましょう(笑)
カメラで接写しようと近づいても全然逃げないのです。天敵がいないのね。




遠軽の旅、まだまだつづく




関連記事

| 北見 遠軽 紋別 滝上  | 14:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT