PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

遠軽町を盛り上げよう!アスパラ岡村農園~マウレ山荘でアスパラ料理

engaruasu3.jpg



油性ペンよりも太いアスパラです(笑)。

やってきたのは、遠軽町の岡村農園


今年は例年よりも寒い北海道。日照時間が少ないためアスパラの生育にも影響が出ていました。






engaruasu8.jpg

アスパラを育てて15年になるという岡村貴幸さん。
アスパラの生育本数は気温に左右されます。温度によって出てくる本数が変わるのですね。
今年は寒い日が続いたためか収穫量は例年よりも少ないとのことでした。
早く太陽が出て温かくなりますように。


engaruasu1.jpg

「遠軽にょっきーず」とは?
遠軽でアスパラの立茎栽培をしている農家7戸が生産しているアスパラのブランドのこと。
親茎の株から出る新芽を収穫する立茎栽培のアスパラです。
立茎栽培により夏までの長い期間アスパラを楽しむことができるそうです。
夏まで楽しめるアスパラなんてあまり聞いたことがなかったなぁ。嬉しいですね。
つまり、夏のアスパラ入りジンギスカンも楽しめちゃうんです!




engaruasu2.jpg


アスパラの選別が行われています。
細めが好きなひと、太めが好きな人、アスパラについては好みが分かれるものです(笑)。
わたしはどちらも好きですけど(笑)



engaruasu4.jpg

さっそくアスパラのビニールハウスへ。



engaruasu5.jpg


こちらはホワイトアスパラ。
暗くてなかなか撮影が難しいです(笑)でも元気に育っておりました。


engaruasu7.jpg


アスパラの太さを決めるのは、土も大切ですが、やはり前年の根の栄養分で決まるそうです。

岡村農園の土は、質のよい堆肥をたくさん使っています。
ここ周辺は畜産地帯なので良質な堆肥が手に入るそうです。
その堆肥の量は1ハウスに4トンという多さ。
だから、ここのアスパラは甘いのですね。


engaruasu6.jpg

春のアスパラは前年の栄養分で育ち、夏のアスパラは今年の栄養分で育つ。
夏は水もたっぷり与えるため、春物よりも柔らかいアスパラになるらしい。
「アスパラにも、夏には夏の美味しさがあるんですよ」と岡村さん。
是非、夏アスパラも味わいたいと思います。



岡村農園さんのホームページはこちら。







マウレ山荘で夕食を


engaru1.jpg


ディナーはマウレ山荘で。



engaru2.jpg

手書きの看板がいい味出してます。



engaru3.jpg


engaru5.jpg

お部屋はこんな感じのゆったりタイプ。


engaru4.jpg

同行した皆様と3人でのんびり♪(もんぺ姿の私です)

engaru6.jpg

マウレ山荘のディナー利用は、宿泊者のみとなっております。
岡村農園さんのこんなアスパラ料理も楽しめますよ。
(実は他にも料理があったのに暗くて撮影できなかったっす、申し訳ない)



マウレ山荘はペットもOKですよ、ホームページはこちら。




遠軽の旅はまだつづく









関連記事

| 北見 遠軽 紋別 滝上  | 13:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT