PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

安平町の夢民豚(むーみんとん)の塩焼きと極上なたね油で 日曜日の晩御飯

ie2.jpg


たらこ蒟蒻がメインな画像になってますが(笑)。


北海道安平町の夢民豚(むーみんとん)のロースが旨かった。
夢民豚ってね、安平町にあるチーズ工房が育てている豚で、ホエーだけを飲ませているんです。
臭みがなくて上品な甘味のある豚肉なんですね。


美味しい豚肉は、上質の塩と胡椒でサッと焼くに限る。今日はトマトも入れて酸味もプラス。
質の良いオリーブオイルと組み合わせて焼くのが一番だけど、今日は十勝産菜種油が手に入ったのでさらに旨い。


毎日かき混ぜている「ぬか漬け」と一緒に、いただきます。











se3.jpg

今日の献立
・ごはん
・芋もち汁(じゃがいも餅とかぼちゃ餅)
・たらこ蒟蒻
・安平町夢民豚ロースの塩焼 十勝産なたねの香ばし油でソテー 三つ葉添え
・小松菜とあさりと椎茸の出汁ぶっかけ
・女将の糠漬け


se4_2014012100065501c.jpg


たらこ蒟蒻です。だし汁を効かせて醤油は少なめに。


se2_201401210006463d7.jpg


あさりと小松菜と椎茸を、だし汁に漬けて数時間。これだけで完成する簡単だけど栄養満点の常備菜です。


se5_20140121000659be7.jpg


NHK朝ドラ「ごちそうさん」の影響を受けて(笑)、さらに、糠漬け修行が進んでおります(笑)。
今日は7時間程度の浅い漬け加減でサッパリと。
昆布の糠漬けが最高に旨くて~~箸が止まりません(笑)。



se1_2014012100064390d.jpg

こちらは、かなり個人的にリスペクトしている「香ばし油」です。
十勝産の菜種を使った菜種油。
余計なものは入っていないのよ。
もちろん菜種は遺伝子組み換えじゃないしね。

家では普段は塩と胡椒だけでシンプルに作る料理が多いんです。
そうするとね、わずかに入れた素材や調味料の味がはっきりわかる。
油は上質なものにしないとすべて台無しになっちゃうわけです。

油と塩って、味の要なんだよね。





料理を知れば知るほど味付けがシンプルになっていくような。


生き方もシンプルになりたい。


余計なものを捨てて。


それでこそやっと芯が見えてくる、そう思う。





























関連記事

| うちごはん | 00:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT