PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワーキングサバイバーズフォーラムで嬉しい出会いが 二人に一人が癌になる時代 ガンになっても働ける環境を

te4_2014021009195749c.jpg

さてさて、みなさん!!

今日はちょっと真剣なお話をしますので、耳を貸してくださいな。


今や二人に一人がガンになる時代です。
そのうち4人に1人は50歳未満の働き盛りの方と言われています。
自分が病気になったとき、家族は?仕事は?生活は?かかる治療費は?
がんになっても働ける環境づくりが必要な時代になりました。

治療によって半年や一年は休まなくてはならないことがありますが、「ガンで退職」という事が少なくない。
有能な人材が、チカラが、失われていくんです。
それは日本全体から見て大きな損失と考えるべきです。

「ガンになっても働ける環境づくり」


これは患者自身だけではなく、企業や行政、みんなでやっていくべきこと。


明日を生きるために。




がん患者の就労と雇用支援を呼びかけている一般社団法人CSRプロジェクト理事 桜井なおみ氏
テレワークという新しい働き方を提案する(株)ワイズスタッフ代表 田澤由利氏

ふたりのお話を聞いて今後の可能性を感じてきたんです。








te1_20140210091943526.jpg

(株)ワイズスタッフ代表の田澤由利さんです

テレワークというのはね、テレ(離れている)ワーク(仕事)という意味で、
時間や場所に縛られず仕事ができる環境のことで、インターネットつまりパソコンとスマホなどを使って仕事をします。
電話の仕事じゃありません(笑)

自宅でもオフィスでもどこにいても出来るんです。

全国各地の150人のスタッフでIT関連業務をこなし、大手企業からも注目。
この事業は近年かなり注目されており、あの安部総理の口からもテレワークという言葉が出たほど。



te2_20140210091947fd0.jpg

IT関連事業ってこんなにあります。
テレワークは、これからの日本にとって重要なウエイトを占める事業になっていくだろう予感。

te3_201402100919525b0.jpg


ネット上に仮想オフィスをつくりパソコンに向かえば出勤になるんですよ!面白いですよね


だってね、人生っていろいろあるでしょ?

結婚、妊娠、出産、夫の転勤とか、倒産なんてこともある。そして、病気や親の介護。
ずっと同じ職場にいたくても、いられないこともある。

そんなとき、一時的にでも自宅で仕事ができる環境が整っていれば希望もあるってもんですよ。



te5_20140210092001761.jpg


毎年開催される「ワーキングサバイバーズフォーラム」。
自分はガンではなくても家族にガン患者がいたり、知人が、恋人が、夫が・・・と言う方も、来年は是非参加してみて。
いろいろな知識を持っていたほうがいいわよ。


しかも、このフォーラム、ワインも出るし!!!(笑)
みんなの前向きでキラキラ輝く笑顔を見ていることで、心のパワーも充電できる。

前向きな女性達、みんな素敵でカッコいい。


田澤由利さんテレワークの新しい形とは?こちらです



関連記事

| ピンクリボン | 10:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT