FC2ブログ

寿司屋の修行~第11回 卵を焼く仕事

20060602085153.jpg

卵(ギョク)を焼く

(この話は寿司屋の修行~第10回の続きです)


寿司屋の見習い期間には、やることがたくさんある。

月曜日のランチに使うための卵焼きを
日曜日に6本焼いておかなくてはならない。
そして、ランチのための米を計って準備しておくのだ。

彼が卵(ギョク)を焼く仕事を任されるまでには、
こんないきさつがあった。

最初はもちろん、卵を焼く仕事を請け負っている先輩がいた。
彼はどうしても、卵焼きを勉強したかったので、
日曜日に先輩が焼きに行く時に一緒についていった。

その先輩にイヤミを言われながらも、やり方をたずねてみたが、
最初から教えてもらえるはずもない。

先輩が卵を焼いている横で、見よう見まねの練習。

まず、卵版『ぎょくばん』(卵を焼くための銅製フライパン)に、
おしぼりを敷いて、箸でひっくり返す練習を2ヶ月。

そうしているうちに、ある時、先輩が言ってくれた。

『焼いてみるか?』

そうして、卵焼きをやらせてもらえるようになった。
まもなく、その先輩は仕事を辞めて故郷へ帰り、
卵焼きは、彼の仕事となっていった。

日曜日の誰もいない寿司屋で、彼ひとり。

ひとりで練習、また練習。
こうして、おいしい卵焼きが出来るようになっていった。




私は質問してみた。
『どうしてそこまで卵焼きの仕事がしたかったの?』


大将はまた、大笑いしながら、

日本一の板前を夢みていたんだよ。
日本一の板前になるためには、人より多く練習して、
人より多く努力しないといけないって思っていた。
いつも失敗ばかりだったけど、夢はいっぱいだったんだ。

日本一ではないけれど、店の名前は『いちい』になったぞ。
あっはっは!!』



きっと今も、

日本一の板前を夢みる青年が、どこかで黙々と頑張っている。

若き日の大将のように。



★追記★お店の名前『いちい』の由来は、一位を目指すという意味もありますが、いちい材という木材の名前から付けました。別名オンコの木とも呼ばれ、木の中では王様といわれる木です。硬く緻密で香りもツヤもよく最高な木材だそうです。そんな素敵な木『いちい』のような店を目指したくて付けました。^^

鮨処いちいのホームページはこちらです。



関連記事

コメント

紅月

おはようございます。
寿司屋の修行も⑪回目なんですね^^
いつも楽しみに見ています。

お寿司屋さんの卵焼き大好きです。
これが美味しい店は、他のネタもやっぱり美味しい^^

寿司屋の修行は本当に毎日の努力が必要なんですね。
華やかに見えるけど実際は違う。そこを通り抜けてきた大将はやっぱり凄いなぁと思います。

このシリーズは、おかみさんの大将への愛情を特に感じます。
だから、好きなんです。これからも頑張ってください。

キューピット1号

とってもいいお話ありがとうございます☆彡

たかが玉子焼き。されど玉子焼き。

ギョクが美味しいおすし屋さんは全てが美味しいと聞きます。

ホームページ拝見させていただきました☆
とっても雰囲気のいいお店ですね。
お値段もうれしい限りです。チーズケーキにも惹かれました♪
北海道に行ったら食べに行きます!!

ホームページ。このブログ。
内助の功を感じます☆素晴らしいおかみさんです。

tomokina

初めまして
初めてメッセージ残します。
海外在住、しかも山地在住なので寿司どころか、焼き魚すらめったに食べられない(単に高価だから:笑)ので、女将さんのお写真には毎回打ちのめされています♪寿司屋の修行シリーズ、大好きです。

ブログを初めて1週間。毎日のアップがどんなに大変か…頭が下がります(というか1日3回アップの時もありましたね)。北海道までは通えませんが、ブログには毎日通わせて貰っています。頑張ってくださいね。

リー

日本一です!
おかみさん、こんにちは♪
日本一の大将に、日本一のおかみさん!
そんな二人のお店「いちい」は間違いなく日本一のお寿司屋さんです!
夢を叶えた人って、叶えるだけのことをしているんですよね。
私もこれから夢を持ちたいな!大将みたいに輝きたい!!

suwaro

おはようございます!
「寿司屋の修行~」・・このシリーズを修行に頑張っている若者に読んで欲しいですね。
いつもそう思います。そしていつも目頭が熱くなっています。。。

昨日はライブドアのサーバーのシステム障害?で当ブログにアクセスできずご迷惑おかけ致しました。
今朝も6/1の記事は削除され、管理ページにもアクセス出来ません。
申し訳ございませんm(_ _"m)ペコリ

dangoya

お久しぶりです。いつも修行編読ましていただいてます。
この玉子焼きとっても美味しいのでしょうね♪写真を見てるだけでフワフワ、しっとり、味が分かる気がするぐらいです。
職人誰もが1位になることを夢見てますよね。
私も修行時代の事を思い出します。辛かった(>_<)
私は手が暖かいんです。和菓子職人としては失格なんです。
なぜかと言うと、菓子って長く触っていればいるほど痛むのが早いんです。だからなるべく早くが基本です。
修行先の会長(もう引退してますが飾り菓子を作らせたら日本で5本の指に入ります)にボウズ(私)お前は1流にはなれんよ!って言われました。私も負けず嫌いなので「じゃあ2流で一番になります!」って言った事があります。今思うとなんてバカな事を言ってたんだろうと思いますが、そのくらい頑張っていたことなんでしょうね。
あの情熱はどこへ行ってしまったんだろう・・・

未来

すごーい!そういう流れで店の名前が出来てたんですね☆★
相変わらず、美味しそうな物ばかり載ってて食欲そそられますe-247じゅるっ
にしても、全然体重が減らないウチはどうすればいいのか分かりませんi-251まぁ、そこまで気にしてないせいでもありますが。笑
気にせずガッツリ食べちゃうしi-229

みえこっち。

ステキですね~♪
おかみさん、こんにちは~♪
夢に向かって、努力する若き日の大将、とってもステキです。
夢があって、頑張ったから今があるんですよね。

たまご、大好きなので、必ず最後にデザート代わりにいただきます。いちいさんのたまご、早く食べてみたいな。

二人三脚で頑張っていらっしゃるおかみさんと大将は、きっと前世から約束したソウルメイトなんじゃないかしらv-353v-345v-353

ますっち

おかみさん、本当に良いお話をありがとうe-267
大将は一生懸命頑張ってきたから、おかみさんのように素晴らしい女性をゲットすることができたんですねぇ~e-266
玉子焼き、なんだかとっても ふんわりしていて美味しそうなんですけど><♪ う~食べたい!

kazuママ

ギョクが美しいのは、いっぱいの大将の努力の結果なんですねv-354
私も食べたいなー。ギョクギョク
日本一夢見ている大将も素敵ですv-352
そんな輝いている姿おかみさんは見ていたのでしょうか?
漫画面白かったですv-411
命の大切さを伝えるのは難しいですよね。

レオママ

お~ 「いちい」は一位の意味を含んでたんですね!
>日本一ではないけれど、店の名前は『いちい』になったぞ。
なにをおっしゃいます!!
まだ食べたことがないから日本一の味とは言えないですが、
それだけの修行をしてきはったから日本一や~

ぷち

大将の志はすばらしいです
ほんとうに・・・

今のおすし屋さんって卵をわざわざ卵焼きやさんから買ってくるところ、少なくないんですよ。
さすがだと思いました。

拓海

わーい。
今日もいい話を有難うございます。m(_ _)m

ギョクの美味しい店は他のネタも美味しいと聞いてます。o(^-^)o

そうか“いちい”ですよね。そうか“一位”・・・。
そんな由来が・・・。
いい名前ですね・・・。o(^-^)o

これからも、ますます応援していますので・・・。
頑張ってください。大将&女将さん。o(^-^)o

ひめ

おかみさんコンバンワ
このお話いつも楽しみにしています・・。

卵焼き大好きです!
ジュルジュルです。。。

大将のお話
もっともっと聞きたいですー。

今 丸井では
京都老舗まつりがやっているようですね~
明日でも覗きに行ってきます♪

フローレンス ぐっさん。

ギョクって 寿司の最後を締める華ですもんね。魚介類に慣れた口を最後に甘く香ばしく締めるのが粋ってもんですよね。うまい寿司屋は必ずギョクがうまい。そこに板前の腕が表れますよね。その寿司に満足した最後は必ずギョク、そして あがり そして おあいそ! ですね。
「ごちそうさま!」の証。俺にとって 「満足」を表す注文 それが ギョク なんです。きっと そういうお客さんは多いと思うんだけどな…。満足しなきゃ ギョクで締めよう! って気持ちにもなれないだろうし。

今度 北海道ツーリングした時は 打ち上げは いちい に行ってみたいですね。北海道を走り終えて 華やかに寿司で打ち上げをし、打ち上げの最後を 珠玉の一貫であるギョクでしめる。

ギョクは寿司に欠かせません。

心温まるお話ですね。

かおり

おいしそーです(^^)
おすし屋さんの卵焼き。だーい好き♪ふんわりとして、きれいな黄色で。あたしはぜーったい作れない。あたしの好きな甘めにするとこげるし、だし多めにするともうぐちゃぐちゃ。この写真の卵焼き、一本丸ごと食べたぁーい!
あたしの実家の庭に、小さなかわいいオンコの樹がありました。子供の頃、赤い実をよく食べました(^^)仁徳天皇のしゃくを作るのに使われた木で、この木に「正一位」を授けたからこの名前がついたと言われているそうです。

ぐっさん。

こんな真面目なコメントを フローレンスぐっさん。なんて名前で書いてしもうた~v-404

カルネ

な~るほど!
いちい その意味にはいろいろあるのですね(^^
努力も商売運もあるけど、「いちい」の商売繁盛を祈願しています。
夢は努力して得るもの。ガンバラニャ~!

アンティーク・マム

いちいの木
聞いたことがあります。
どこで聞いたかは覚えていませんが、その木の名前と、
その木の持つ、力強さとか、品格とか…そういうモノが、
ワタシの脳裏に、はっきりと残っておりました。

修行時代のお話を読むたびに、お店の名前は、その木の名前
なのかな?…、思っていました。
大将とおかみさんに、ピッタリの名前です。
やっぱり素敵な、大将とおかみさん。

→コメントありがとう!

紅月さんへ
いつもありがとうございます!紅月さん。仕事はなんでもそうだと思いますが、やることは地味なんですよね、毎日同じことの繰り返し。大将は、オレは凄くないよっていつも言いますよ。わはは。
キューピット1号さんへ
そうですね、たった一つのネタの卵焼きなんですけれど、大切なものなのです。美味しいかどうかは、食べてみないとわかりませんです。なははは。^^;こればっかりは。。。。北海道にいらっしゃることがあれば、是非おまちしております。ありがとねん。^^
tomokinaさんへ
こんにちは!イタリアなんですね!イタリア語を習って、数年後にイタリアに行くなんて、素敵ですよ~。わたしもそんなふうに生きてみたいなあ!これからもよろしくね~~^^
りーさんへ
りーさん、こんにちは!いつもありがとう。そんな^^;日本一を目指していましたが、そんなことはいいんですよお。恥ずかしいです^^;
わたしたち夫婦なんて、まだまだひよっこです。私は、お店にすら出ていないのですから。影の努力のみです。^^
suwaroさんへ
いつもありがとう。suwaroさん!ライブドアのブログが大変なことになってたのね。そういえば、昨日はライブドアのブログはみんないけなかったなあ。昨日から、アクセスカウンターも変だったんですよ~。どうしちゃったのかなあ?みんな。^^;
dangoyaさんへ
こんにちは!いつもありがとう。danngoyaさん。そうなんですか。
手が暖かいと和菓子職人として失格・・・・。それは、寿司屋の世界にもすこし、関係ありますね。手が暖かいとネタがぬるくなる。
似ているんですね。寿しも和菓子も。手で作るものですものね。
あのころの情熱は、だんだん時と共に姿を変え、静かな情熱に変化しているのですよ、きっと。
未来さんへ
もともとのいちいの由来は、木からきているんです。ふふふ。
記事の中に追記しておきました。いつもありがとう、未来ちゃん。
若い頃は、ダイエットしないほうがいいよ。身体が老化するんだって。怖いねェ。^^;
みえこっちさんへ
いつもありがとう、みえこっちさん。うちの卵は有精卵で焼いてるので、実はとてもあっさりした味です。本当に自然のままの味。
おおっ、ソウルメイトって聞いたことあります。そうだったらいいなあ。
あはははは。
ますっちさんへ
わはははは。そーんなことないですってば、^^;わたしは、縁があって大将と一緒に生きています。結婚は縁ですもの。卵焼き、いつか、ますっちさんにも食べさせたいなあ。ふふふふ。いつもありがとう。^^
kazuママさんへ
いいえー、わたしは、大将の若い姿を見ていないのです。20歳のころの大将に、会って見たいですね。わははは。きっと、小僧なんでしょうね。かーかーちゃんも、いつか20才になってなにかの修行をする日がくるのでしょうかねえ?ふふふ。

写楽

修行っすよね!!
お疲れ様です

寿司屋の友達は関東のほうで7年間 和食の修行をして技能五輪では3位だったそうです
今は実家で寿司の修行ですが、、、、

ジャンルが違うと同じ和食でも全然違うらしく悪戦苦闘の毎日らしいです  俺が実験台みたいな、、、

でも卵や 味噌汁 椀物 羊羹とかの脇役は絶品ですね~
職人である以上 毎日勉強ですね!

いちいの木は好きです 赤みが強くて色の深みがありますよね

以前に表札造ってくれって大工さんが持って来てくれた時に初めて見ましたけど  その土地で採れる木材も様々ですから。

→コメントありがとう!

レオママさんへ
レオママちゃん、こんばんわ~~♪いつもありがとうでやんす。
レオママちゃんに、日本一やっていわれると本当にそんな気がしてくる自分がこわい。^^;あーはははは。たまには、こんな思い込みも運を呼ぶことがあるかもね!わははは。カーフちゃんにもよろしくね。
ぷちさんへ
やはり、卵焼きを買ってくるなんていう寿司屋もあるんですね~。
自分で焼くのが当たり前ではないかと、私は思うんですけどね。
卵焼きを買ってくるという寿司屋を、こっそり見てみたい気が・・・^^;
拓海さんへ
こんにちは!拓海さん。うちの卵は、有精卵なのでとてもあっさりしています。自然のままなので濃厚になる添加物も加えていない卵なのです。すごくあっさりしていてびっくりするかも!
ひめさんへ
いつもありがとう、ひめさん!!京都老舗まつり??うん、それはまた興味津々ですう!いつも教えてくれてありがとうね!ひめちゃん。来週もやってたら行きたいなあ。さっそく、丸井のホームページをみてみます!るんるん^^
フローレンスぐっさんへ(笑)
わははははは==!フロレンスぐっさん。なんて最高ですなあ。^^
最後にギョクを頼むんですね。そんなお客さまも多いでしょうね。
寿しの食べ方も、ひとそれぞれです。自由に食べていただくのがいちばん。最後にギョクでしめるのはおしゃれですね♪
北海道の自転車でツーリングなんていいなあ。車で通るとみんな挨拶してくれるんですよね。自転車のひともバイクのひとも。^^
かおりさんへ
わははは。1本まるごとは、大きいよ~~~何と言ってもL玉が1ダースだからなあ。すんごい量です。でも、いけちゃう?いけちゃう?オンコの樹があったのですね。いいなあ。たまに、苗木で売っていますね。そうそう、しゃくに使われた木なんですってね。素敵ですよね。オンコの木で家を建てたい。無理だけど。。。。^^;
ぐっさんへ
わーははははは!もう、最高ですよ、ぐっさん。
ぐっさんのファンが増えるわよ~わははは!
カルネさんへ
ううう!カルネさん、ありがとおおおおお!嬉しいよお。
商売繁盛を祈願してくれてえええ。ほんとにありがとう。
そうですよね。夢は努力。才能も努力だって、イチローも言ってましたね・・・・。
アンティークマムさんへ
わあ!マムちゃんは、気づいてくれていたんですね!
う、う嬉しい・・・・。いちいの木のことなんです。北海道ではアイヌ語らしいのですがオンコとも呼ばれて、品のある木なのです。
でも、知らない人も結構いますけど。マムさんは物知りですね。
なんだかとても嬉しいです^^ありがとう!

ぴよ

私も
はじめまして。
寿司職人で検索していたらこのブログ、見つけました。
私も寿司職人の妻です。夫は札幌の某寿司店の従業員です。
ブログを読んでいると共感するどころか尊敬しました。
私も子ども一人います。子育ても参考になります。
夫は毎日、朝早くから出勤し夜中12時過ぎに帰ってくるので
つらそうです。休日も月4日しかないし・・・
今のこの状況、辛抱するしかないのかな、と思っています。
愚痴しかでてこなくてスミマセン

またお邪魔させてもらいます

チャウダー

こんばんは!
いちいの木といわれてもピンときませんが、オンコの木の事なんですね。
母の実家が、留辺蘂で、オンコの木とか、ぐずべり(今思えば、グーズベリー?)の木があちこちにあって結構その実を採って食べてたな~(おいしかったかどうかは覚えてないのですが)
なんて、思い出しちゃいました・・・
実家(空知)にも、オンコの木はあったので、そんなに、立派なものとは知りませんでした。

久しぶりに「オンコ」って言う言葉を聴いたので
はまってしまって、長文になってしまいました。
すみません・・・

あらっ!たまちゃん。

卵焼き。
簡単そうで、大変なんですよね。
なかなか。。。

みゆき

こんばんは
大将の修行時代の話を読むといつも頭が下がります。

私もまだまだ修行の身なので、先輩からいろんなことを盗んで、また後輩たちにも繋いでいきたいと思いました。
仕事をしていると嫌なことがたくさんあるけど、大将の話を読むとがんばろうって思います!
明日も仕事がんばるぞー!

→コメントありがとう!

写楽さんへ
写楽さんありがとう!!和食の技能五輪で3位っていうのはすごいですね~~。そんな素敵なお友達をもってる写楽さんいいなあ。そうですね、和食と寿司はまたぜんぜん違う世界です。写楽さんが実験台なのお?わたしも味見したいなあ(笑)和食をやってから寿司の修行をすると、さらに勉強になっていいのではないでしょうか?そのかたの作った味噌汁や椀物も、いただいてみたいです^^どうぞ頑張ってね!ってお伝えくださいな。
ぴよさんへ
わあ。嬉しいです、ぴよさん、こんにちは!私と同じ寿司屋の妻であり、同じ札幌なんですね。嬉しいなあ。何度か、寿司屋の奥さんたちからも励ましのコメントをいただくんですよ。ありがたいことです。寿司屋の仕事は忙しいので家族も寂しくなってしまうんですよね。でも、大丈夫。旦那さんは、いつも仕事をしながら奥さんと子供の顔を思い浮かべて歯をくいしばって頑張っていると思います。
仕事は、毎日同じことの繰り返しで、楽しみといえば、家族の顔をみることくらいなのです。ちょっとしかない休日に、いつもありがとうっていう声をかけて、感謝の気持ちを言ってあげてください。一言だけでも、旦那さんは頑張れると思いますよ。^^コメントありがとう。
チャウダーさんへ
こんにちは!チャウダーさん♪留辺蕊なんですか!留辺蕊っていいところですよね~。時々、旅行のときに通るのですが、また行きたいです。ぐずべりの木もありますねえ。おんこの木、素敵な木ですよね。木の中では、わたしは好きなんですよ。言葉の響きもいいんです。オンコという言葉が、とても落ち着くような響きがあって。
あらっ!たまちゃんへ
そうなんですよ。、弱火でゆっくり焼いても美味しいんですが、強火で焦がさず綺麗に焼くと、ふわふわの卵になるんですよね。^^
みゆきさんへ
みゆきさん、こんにちは!!いつもコメントありがとう!仕事頑張っているんですね。フレーフレーみゆきちゃん♪仕事は辛くていやな事も多いけど、みんな同じですものね。わたしも、影ながらみゆきちゃんの頑張りを応援していますよ~。テレパシーで届けっ!

トコトコ

素敵です
こんにちは! 修行シリーズ、本当に毎回元気を頂いてます。
最近涙腺の弱い私・・・・ううう・・・
そしておかみさんの 漫画「いのち」 で大笑い(笑)

いちいさん、素敵なお寿司屋さんだろうな~v-398
名前の由来も素敵ですね!
北海道に行く機会があればぜひお伺いしたいなー♪

→コメントありがとう!

トコトコさんへ
いつもありがとう、トコトコさん!
修行の話も、大将だけではなくて、たくさんの方の苦労があるんですよね。目に見えない苦労と、努力によって、日本の食文化が発展してきたんですね。きっと。

ルーズメリー

おはようございます。
おかみさん。
お店の名前の由来。
なるほどです。
看板のお店の名前を付けるのは難しいでしょうが、
素朴な中に、品格があり、夢が託されている。
そんな「いちい」なんですね。

→コメントありがとう!

ルーズメリーさんへ
ありがとうございます!ルーズメリーさん!寿司屋さんは、自分の名前を店名にするという人が多いのです。でも、このいちいという言葉の響きが好きでこの名前にしました♪名前をつけた日がなつかしいですねえ。

けいいち!

お店の屋号「いちい」はそうでしたか?木材から取ったのですね?お名前が市井さんかと思っておりました!
大将も旨いこといいますねー「いちい」ですもんね!一位ですよ!大将とおかみさんなら日本一(日本一って事は世界一)になれますよ!いやもうなっているかも知れませんし!

→コメントありがとう!

けいいちさんへ
いつもありがとうございます!けいいちさん。
いちいの名前、つけてよかったなあと思っています^^
非公開コメント

井出美香



札幌すすきので寿司屋をしています。北海道岩内生まれ。若き頃は東京青山にてキャラクターデザインの仕事に就くも惚れた男は寿司職人!畑ちがいとも言える寿司屋に嫁いで29年。平成22年7月に乳ガンが分かり公表。お店にて女将として奮闘する日々。ブログ開設15年。

カメラ Canon EOS 6D
iphoneX

利き酒師


(株)Mizkanミツカン 寿司アンバサダー就任

(株)HABA 季刊誌北海道の旅コラム執筆

ippin食のキュレーター北海道の商品を紹介

広報ほくれん 食エッセイ執筆

北海道の旅と宿 ぐうたび旅ブログ

TVどさんこワイド出演中


★画像の転載禁止

★リンクフリー







わたしたちの寿司屋です。

鮨処いちい ホームページ




札幌市中央区南4西4
第5グリーンビル1階
電話 011-232-2321
17時から24時半迄・日曜定休
祝日はお問い合わせください
10席しかない小さなお店です
★全面禁煙です★
オープンして19年目になりました








おかげさまです

おかみさん食堂
普段使いのおもてなし100品
井出美香

ソフトバンククリエイティブより発売



おすすめ記事

寿司カテゴリー

このブログの歩み

★(株)HABA季刊誌にて北海道の旅のコラムスタート★ホクレン広報誌のエッセイ執筆★DJてつやのすすきのネオンサーカスレギュラー出演★ぐうたびサイトにて北海道の旅と宿ブログ連載中★おかみさん食堂普段使いのおもてなし100品ーブログのレシピ本発売★三角山ラジオパーソナリティー★クリエイティブオフィスキューのファンクラブ会報誌にてレシピ掲載★札幌市経済局ホームページ「さっぽろもぐー」にてレシピ掲載★HBCテレビ「グッチーの今日ドキッ!」のコメンテーター★グーグル検索ストーリーにてサッカー海苔巻き掲載★NHKネットワーク北海道にてワールドカップサッカー寿司を製作テレビ出演★フジテレビめざましどようびでワールドカップサッカー寿司を製作テレビ出演・全国放送★道新文化センターにて『ブログ講座~ブログの魅力を語る』を開催予定★札幌中小企業支援アドバイザーになりました★食品会社のレシピメニュー開発を担当することになりました★芸森スタジオにて『ハートのお寿司をつくろう!海苔巻き教室』開催★ようこそさっぽろの編集委員になりました★NHK趣味悠々『楳図かずお4コマ漫画入門』のテキストに掲載★環境首都札幌推進協議会委員になりました。★札幌市観光パンフレットになりました★NHK『おはよう日本』でクリスマスケーキ寿司を製作テレビ出演。★UHBのりゆきのトークDE北海道にてテレビ出演★北海道子連れプロジェクト『のこたべ』に掲載★『行きつけにしたい鮨屋60選』に掲載★割り箸リサイクルでフリーペーパーHAPPYに掲載★HTBニュースにて割り箸リサイクルでテレビ出演★HTBイチオシ!にて大将テレビ出演★さっぽろ村ラジオにてラジオ出演★2007年11月発売の『札幌美食料理店厳選100』に掲載★食のプロBLOGサイトに掲載★ラジオふらのにてラジオ出演★3月オレンジページネットに掲載★2007年2月FM北海道AIR-Gにてラジオ出演★2007年1月ヤフーインターネットガイド3月号に掲載★2007年1月三角山放送局でラジオ出演★2007年1月北海道ブログネットワークメンバーとして活動開始★2006年12月ブログ1周年ありがとう!★2006年11月『旅コミ北海道』に大将テレビ出演★北海道情報誌じゃらんに掲載★2006年10月東京BS-i『BLOG@GIRLS』にテレビ出演★2006年9月北海道情報誌porocoに掲載★ぐるめブログ大賞の副賞『長崎ぐるめな旅』へ出発★北海道Hanaテレビに出演★2006年6月ぐるめブログ探検隊主催ぐるめブログコンテストで大賞受賞★2005年12月23日ブログ開設★

おかみさんにメールする

お問い合わせはこちらから

translate ブログを翻訳

ブログを検索する