PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旭川 のなか農園の真っ赤ないちごに驚く! 個人で品種改良した「瑞の香」

no5_2014121915592455f.jpg


旭川、東鷹栖にある「のなか農園」へ。

このいちご農園、すごいんですよ!
野中さんが自ら品種改良して作り上げた「瑞の香」というイチゴがあるんです。
品種改良なんて、そうそう簡単に出来るもんではありませんです。
それにチャレンジしてやってのけた野中さんは業界のチャレンジャーなんです。

しかもね、この「瑞の香」(みずのか)というイチゴは、娘さんの名前から付けたんだって。
なんかいいよね、そういうの。愛を感じるよね。




no1_20141219155900531.jpg


フツウはね、ハウス栽培のイチゴは収穫する時期が決まっていたりするんだけど。
ここは違うんです。徹底した温度管理で一年中、収穫が可能になっているんだって。

no4_20141219155854d3a.jpg

ハウスのなかは、ポカポカと温かいのね。
イチゴの甘い香りでいっぱいです。
大きいものや小さいもの、いろいろあるんですね。




no10_201412191558578d8.jpg

なんと試食させてくださいました。ありがとうございます!!!いただきま~~す。

no12_20141219155928d68.jpg


ほらほら見て。

中心部まで真っ赤なイチゴなんて、あんまり見たことないからビックリ。

糖度も高いんだよ


no3_20141219155859e9e.jpg

冬になると、小さなロウソクを立てて温度を管理するんだそうです。

そこで提案!!!
冬の雪灯りみたいにロウソクを並べて、そこでイチゴシェイクなんか飲むのはどうでしょうね?
もちろん大人はシャンパンに苺を入れてさ!!!(笑)

期間限定のストロベリーシャンパンナイト

ロウソクの灯りと苺を入れたシャンパン。
もちろん、新鮮なイチゴジュースも飲みたいしね。
ナイスなアイディアだと思うなぁ~~~(^^)

no8_20141219155925a2c.jpg

「そういうの、やってみたいですね~~」と野中さん。

ストロベリーシャンパンナイト、北海道らしい斬新なイメージのイベントになりそう。
大通公園でドリンクバーが定着したなら次は畑でドリンクバーじゃないか?(笑)
苺といえば6次産業化でジャムづくりが盛んな北海道。
でも、もうすこし角度を変えた商品展開や観光資源の発掘が欲しいところだよね。
そのためには、「ええ~~?そんなの無理~~」というところからスタートするアイディアが必要なんだろうな。
まずは少人数で試してみたいね。


no11_2014121915592751d.jpg


ま、大人の妄想はこれくらいにして(笑)。
それにしても、イチゴを前にした女子の表情って、じつに乙女だなあと思います。

no2_20141219155930982.jpg

最後に、苺の選別作業をみせていただきました。
今はクリスマス前だから苺の出荷も最盛期なんでしょうね。
野中さん、ありがとうございました、また伺います。



no9_20141219155855f9f.jpg

イチゴの花って、かわいいです(^^)







関連記事

| 旭川  幌加内 江丹別 | 16:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT