PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旭川ふらりーと 焼き鳥べてぃ 新子焼き

fu9_20141226095713ddc.jpg

旭川の昭和の雰囲気ただよう飲み屋街。
5・7小路ふらりーと(焼鳥横丁)です。

これね、旭川だけの呼びかた、「新子焼き」 というものなんです。

鶏肉半身を骨ごとブツ切りにして、炭火で焼いてタレをつけたもの。
新子焼きは旭川のソウルフードとして地元民に愛されているんです。
お店によってタレの味が違うらしいので、新子焼き食べ比べツアーをやってみてほしいくらい(笑)。
それにしても、なんで新子焼きっていうんだろう、オモシロイ。
寿司屋でいえば新子って小肌の小さいやつのことなんだけどね。
ここ旭川では、全く違う意味になるらしいのね。




「焼き鳥べてぃ」です。




fu2_20141226095715e96.jpg

旭川ふらりーと。

昭和をイメージしてつくられた飲み屋街です。
旭川にはほとんど縁がなかったから、噂には聞いていたものの、なかなか足を運べなかったのね。
今日こうして来れる機会をいただき本当にヨカッタな。


fu3_20141226095714aa6.jpg

ほらほら。
こういうの好きなんだよね。
影絵というのかしらね、ひとつひとつのお店にすべて違うデザインになっているんです。


fu13.jpg

すごくカワイイ。
これは昭和の食卓を描いているんだなぁ。


fu4_20141226095717f1c.jpg

案内していただいたのは、こちらの超有名店、焼き鳥べてぃ。
なかなか予約の取れない人気店です。


fu5_20141226095718a7c.jpg


すばらしい。

本当に昭和だ。

fu6_20141226101730bc8.jpg


まるで昭和の任侠映画に出てくるワンシーンのよう(笑)。
時間を感じるモノって、とてもあったかく感じることがあります。
昔のままの姿でいることって、実はとても難しいこと。


fu7_20141226101731237.jpg

ベティちゃんグッズがいっぱいあるんです。
まるでコレクションしているかのような(笑)。


fu8_20141226101733a0f.jpg

お通しに出てくる、生姜たくあん。旨いね~~(^^)
これもずっと変わらない一品なんだそうです。


fu10_20141226101734a45.jpg

新子焼き。

旭川だけで使われている、独特な名称です。
ジューシーな肉汁が流れ出る鶏肉の半身焼きに、甘辛いタレの旨いこと。
骨のまわりの肉だから、なおさら美味しいんですね。
ベティのタレは、甘さと辛さのバランスが良く、万人に好まれる味。




fu11.jpg


今宵の飲み友、美女3人に囲まれております(笑)。

おとなりのテーブルもカウンターも、みんなサラリーマン。
「さぁ、みんなで飲もう~~!」なんてつい叫びたくなるほどアットホームな雰囲気。
お客さん全員が肩を寄せ合うようなお店って、最高です。


fu12_20141226101744ea3.jpg


旭川への旅は、もう1か月も前なんだけど(笑)。
たくさんの出会いをいただいたので、少しづつ大切に記事を上げています。まだ終わらん(笑)。
こうして書いていると、また新子焼きが食べたくなってきます。

来年は、さらに地方を回って取材しにいくぞ~~~(笑)



焼き鳥べてぃ
旭川市5条通7丁目ふらりーと内
TEL0166-22-5718
営業時間17:00~22:00
不定休








関連記事

| 旭川  幌加内 江丹別 | 10:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT