PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

下川町 エコハウス「美桑」 バイオマスボイラーの家を見てみよう

ma5_20150206091126cd3.jpg


森林バイオマスの総合活用で話題の下川町。

下川町の五味温泉のすぐ隣に、エコハウス美桑があります。
ここはね、誰でも有料で宿泊できるエコハウスになっていて、
木質バイオマスボイラーの性能を体感することができるんです。


かなりの格安で泊まれるんです。
しかも、泊まると、隣の五味温泉に入り放題という噂が(笑)。


すごくあたたかくて、ビックリ!!!




ma11_201502060911277a4.jpg

マイナス10~30度の世界で、あたたかく過ごすなんて本当なのかしら?
・・・・と思いながら入ります。



ma1_20150206091128ff8.jpg


これが、エコハウス「美桑」のペレットボイラー。
木質バイオマスペレットストーブ、
ペレットボイラー、地中熱ヒートポンプ。
日射熱の蓄熱と太陽光発電も備えている。
下川町の間伐材などを原料にして燃やすのでウッドマイルズも最高ランク。

ウッドマイルズとは国内及び地方で生産された木材を国内で消費することにより、木材を輸送するエネルギーを削減して、地球温暖化を防ぎ循環型社会の構築を目指すという活動:ウイキペディアより抜粋)


ma2_201502060911314ec.jpg


それにしても、あたたかい。

窓がこれだけあれば、すごく寒いと思うんだけどね。
特殊な構造のガラスで、トリプルガラスダブルLow-eを使用。
もちろん結露ナシ。


ma3_201502060911318ea.jpg


これだけ大きい住宅で総工費7000万円ほど。
高いと思うか安いと思うかは、環境に対する考えで捉え方も変わるはず。
日射熱の蓄熱もできるし、バイオマスボイラー温水の床暖もあたたかい。
ゼロカーボンを目指す住宅はこれからの時代の主流になっていくだろうしね。


ma4_2015020609365616f.jpg

真冬の1月下旬だというのに。
建物全体がポカポカ。
このテーブルで北海道の日本酒とワインが飲みたいにゃ~~~(笑)。


ma6_201502060936576ea.jpg

寝室以外は仕切りが少ないので、
家族の気配を感じながら過ごすことができるんです。
窓の外には森が見渡せる。
いいな~~~泊まってみたい♪


ma7_20150206093659120.jpg

バリアフリーなので、車椅子も大丈夫なんです。
祖父と祖母も連れてみんなで来れるね。


ma8_20150206093700dc5.jpg


森を見ながら、お風呂に入ることもできそう。
夏の景色も綺麗だろうなあ



ma8aa.jpg


エレベーターも完備なの。


ma9_201502060941179a5.jpg


個室が3部屋。主寝室1部屋。ランドリー完備。キッチン小物、食器まで備えてあるんです。
食材さえ買ってくればすぐに泊まれます。
10名くらいで集まってワイワイやるのもいいね。


ma10a.jpg


土間がある空間。



ma10r.jpg


大きなアイランドキッチン。


ma13_20150206094121e84.jpg



1階の個室はこんなカンジですね。


ma14.jpg


土間で寝てもいいくらい、ポカポカした床でした(笑)。


ma12.jpg

森のまち、木のまち、下川町。
ジャンプオリンピック選手を輩出する町でも有名だけど、環境モデル都市としても名高い。
次は夏に行くぞ。



お問い合わせ
下川町エコハウス推進地域協議会 下川町地域振興課内 電話 01655-4-2511
下川町 五味温泉 電話 01655-4-3311(五味温泉には別の宿泊施設もあります)












関連記事

| 下川 士別 剣淵 | 10:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT