PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

江別市ガラス工芸館 柿崎均さんを訪ねて

ka11_20150207104022d38.jpg

映画「ぶどうのなみだ」がつないだ縁。

映画のシーンに登場するワイングラスに魅せられて。
その後、柿崎さんと出会い、店で使う日本酒グラスをつくっていただいたのです。
日本酒グラスをつくってもらった記事はこちら


惹かれたのは、何よりも、柿崎さんの人柄。
人間力あふれる包容力と笑顔。

大将とふたりで、柿崎さん工房へ行ってきました。









ka3_20150207104024166.jpg

柿崎さんの工房、「45工房」は江別市ガラス工芸館内にあります。
レンガ造りの「旧・石田邸」を保存改修し、ガラス工芸館として生まれ変わりました。

今年で10年だそうで(笑)。

こんな張り紙がしてあるところがいいよね(笑)。
なにげにミラーボールもあったりして。


ka1_201502071040230df.jpg

1階はガラス作品の展示や、販売スペース。
地下1階に工房があります

ka4_20150207104026498.jpg


柿崎均さん。
はじめてお店に来てくれたときに、大将と気が合ったみたいで。
年上の人にこんなこと言うのは失礼かもしれないけど、
柿崎さんの気さくでオモシロイ、純粋な心に惹かれたんだろうと思うんです。
わたしも大将もね。


ka2_20150207104027141.jpg


「旅のはじまり」
柿崎さんが20年前に製作したという作品。
このシリーズが大切に展示されていました。
これを見ると当時の自分を思い出し、
異国で出会った人々とその風景が
目に浮かぶそうです。


ka6_2015020711095000d.jpg


芸術の世界で生きていくこと。
柿崎さんの生き方は、すごくナチュラル。
らしく生きてるっていうか。



ka7_201502071109519aa.jpg


これ、いいでしょ(笑)。

「高い芸術性 低い腰」。
笑っちゃいけないと思いつつ、大笑い。

ka9_20150207110953300.jpg


ほんとに気さくに接してくれるんです。



ka10_2015020711095448f.jpg


せっかくだからと、作るところを見せてくれました。


ka12_201502071109563bf.jpg



うわ~~綺麗。


ka13_20150207111900548.jpg



集中している人を撮影するのって、
ぞくぞくするほど楽しいんだよね私。
雑談しているときとは違う空気が出るじゃない。


ka14.jpg



真っ赤になるガラス。
熱い滴みたい。


ka15.jpg


今日のブログは、柿崎さん写真集みたいだ(笑)


ka16_20150207111904e2a.jpg


柿崎さんを見ているとね、
たくさんの国での新しい出会いと経験を通して、
変わっていく自分を、アート作品に投影しているような気がするのね。
自分の思いや生き方や感じたものを、素直に表現してる。
表現できちゃってるからこそ、芸術家なんだろうけれど。
人間、あきらめずに好きなことをやるべきだって、心底そう思う。
だって、柿崎さん、楽しそうだもん(笑)。


ka17_201502071119052c4.jpg



そうそう、この「くちビールグラス」、最高でしょ?
感動しちゃってね。
友人へのプレゼントに買いました。


柿崎均さんの工房ほーむぺーじはこちら。








関連記事

| 石狩 新篠津 江別  | 11:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT