PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6次産業化セミナー これからのモノづくり

se1_20150225093018f41.jpg


旭川のトーヨーホテルで行われた6次産業化セミナー。
こちらでパネリストとして参加させていただきました。
今までにない新しい形式でしたね。

このセミナーへの参加対象は、
すでに6次産業に参入している企業だけではなく、
6次産業化に興味のある一般の方々も対象としています。
つまり、興味のある方なら誰でも参加可能。



フルコースに登場する食材は、
6次産業化企業の商品の協賛を呼びかけることで集まったもの。
集まった食材は、トーヨーホテルの武田シェフの豊かな発想で完璧なフルコースに。

「6次産業化の情報も得られて1000円でフルコースも食べられる」
というこのセミナーは、募集早々満員となり、申し込みを打ち切るという大盛況。


これは、地元の方々の熱意と、
企画したスタッフの人望が無ければ実現しなかっただろうと思う。
そして、旭川の人たちとの出会いによって、私自身の「流れ」も変化してきた。








se1a.jpg

いわゆる6次産業化のプロというのはいない。
6次産業化というのは、まだ発展途上。
もちろん知識も必要で大きなリスクも伴う、だからこそオモシロイ。

様々な分野で活動する人たちが集まり、
個々に点在するアイディアを集め考えてみようという、このセミナー。
興味のある方々同士をつなげる、名刺交換会もポイントになる。




講師 旭川トーヨーホテル総料理長 武田智之氏
コーディネーター株式会社ライナーネットワーク副編集長 海老子川雄介氏
パネリスト・加工室TABITA主宰 尾崎圭子氏 「米粉商品の加工販売」
      ・旭川農業高校教諭 峯田雅大氏 「高校生によるモノづくり」
      ・ブログ寿司屋のおかみさん小話 井出美香



se2_20150225093021647.jpg


1000円のフルコースがこんなにスゴイ内容だとは。
会場に来た人はかなり驚いただろうと思う。
うわ~~という歓声が上がっていたしね。

「温かい田舎風パテとジャガイモと蕎麦粉のパンケーキ」
・旭川あらかわ牧場合同会社、ホエー
・有限会社井上農産、牡丹そば挽きぐるみの粉
・フラワーランド上富良野、じゃがいも
・有限会社鶴沼ワイナリー、白ワインビネガー



se3_20150225093022c6d.jpg


ニョッキ入りのエノキ茸のポタージュ

今日のフルコースを調理してくださった、
旭川トーヨーホテル総料理長武田シェフ。
彼は東京港区にあるフレンチ界の巨匠「CRESCENT」にて腕を振るっていたシェフです。
当時はフレンチ経験者しか採用されない中、採用を果たし、
皇室御用達の最高の食材に触れてきた方なのです。
料理が好きで、家に帰ってからも料理をしてしまうそうですよ♪


se4_20150225093024627.jpg


ドライエイジングした羊肉の煮込みと春野菜
雑穀入り蕎麦茶ピラフ添え


あらかわ牧場のホエー
しずお農場のドライエイジング羊肉
キョクトーのレトルトインカのめざめ
北海道夢民村のお米
井上農産の牡丹蕎麦茶


se5_20150225101552a33.jpg


6次産業化といっても、いろいろあります。
農産物を消費者に直接販売することも6次産業。
農産物を加工して、販売することや、貸し農園、観光農園、
農家民宿いわゆるファームインなどの経営、農家レストランもそうです。


「わざわざ」という言葉が私の中のキーワード。
「わざわざ」はお金になる。
北海道の広い土地を利用して、わざわざ遠くに行ってみよう、という感覚をビジネスに。
遠くてもそこの魅力があれば人は、わざわざ行くんですよね。

「人のやらないことをやる」。
誰もやらないことの中には、わくわく感があるしね。
そこにビジネスチャンスがあると思ってます。
みんなの話題になる情報を作ること。


se5a.jpg


このデザートがまた新しい発想でした。

オーガニックトマトジュースとトロケッテ・ウーノのカプレーゼ
営農企画オーガニックトマトジュースと宇野牧場のトロケッテ・ウーノのコラボスイーツ。
な、な、なんと、カプレーゼ風(トマトスライスとモッツアレラチーズの料理)なんですよ。
トロケッテ・ウーノというのは、天塩の宇野牧場の6次産業商品で、
ほんのり甘くて美味しい牛乳のスイーツです。
この上品な甘さにヒントを得た武田シェフが、シシリアンルージュのトマトジュースと合わせて、
オリーブオイル、バジルを添えて、スープのようなスイーツに変身させました。

すごいわ!!!美味しい!!!



6次産業化セミナーは、
たくさんの人との出会いと、ビジネスのヒントが。
ちょっと時間が足りなかったけれど、ワクワクしました。
そして、これからの北海道の海外進出の可能性を感じるものでした。
(↑これももっと話し合いたかったね!)


モノづくりをしている方々の挑戦と苦労。

わたしの場合は、寿司屋のカウンターにて、生の声が聞ける。

それが私の情報源でもあり、時代の流れを見る判断基準にもなってる。


ワクワクするかどうか、
楽しいかどうか。

これが6次産業化の核になるポイントかもしれないね。














関連記事

| 北海道のイベント | 11:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT