PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

渡辺謙「王様と私」を観て感動する!その内容は

ou3_201504150921137e3.jpg

先週末に帰国してから、
ゆっくり時差ボケを調整。
毎日お店の仕事に精を出しております!
ときどき変な時間に眠くなるのがつらいです(笑)。


ニューヨークで絶対に見たかったのは、
渡辺謙主演のミュージカル「王様と私」です。
今やハリウッド俳優としてすっかり有名になった渡辺謙さんを、生で観られるんですもの。
これは日本人として行かないワケには行きませんよね(笑)。
観て応援しなくては!!



日本では、映画「アンナと王様」というタイトルで上映されております。
ジョディフォスターとチョウユンファの共演で話題になりました。
チョウユンファさん演じる王様の高貴なイメージは、
同じアジアという共通点もあるせいでしょうか、
渡辺謙さんの雰囲気にピッタリだなあと感じていたんです。
そして今回のブロードウェイでのミュージカルデビュー!!
個人的にも嬉しいことです。
謙さん、おめでとうございます。









ou1_20150415092114c2b.jpg


そして、場所は、あのリンカーンセンターシアター。
リンカーンセンターには3つの劇場があり、「王様と私」は
Vivian Beaumont Theater で観ることができます。
憧れのリンカーンセンターをこの目で見るなんて感動。
タイムズスクエアからもタクシーで10分くらいの距離。
ゆっくり歩いてきても良かったかも。
いやちょっと距離あるか(笑)。


ou2_201504150921161cf.jpg



これ夜の7時くらいかな。
日が落ちる時刻です。
アメリカはサマータイム。
どんどん暗くなっていって、徐々に鮮明になるライトアップが美しかった。


ou4_201504150921170db.jpg


「王様と私」は、3月12日(木)~4月15日(水)までがプレビュー公演。
4月16日(木)~7月5日(日)まで期間限定で本公演の予定です。

アメリカで言うプレビュー公演ってね、
日本で言う感覚と少し違っているかもしれません。
本公演までの微調整をする期間のことなんです。
舞台の完成度を高めるため、プレビュー公演の期間に
観客の反応を見て舞台演出の細部調整をするんだそうです。
そのため、本公演よりも2割ほど安くなっているのが通常らしいの。


プレビュー公演を経て、
本公演の初日にメディアの批評家などを招待するんですね。
正直そんな批評などどうでもいいの(笑)。
このニューヨークで渡辺謙さんのミュージカルを観劇できたことは私の宝だしね。

あ!!4月16日が本公演初日ですね!!明日だわ!!
きっと日々進化しているんだろうな。


ou6.jpg


劇場内は撮影してはいけないので画像は無いんです。

仕方がないので、私の画像をどうぞ(いらんちゅーの)。




観劇を終えて。
一言でいうと、渡辺謙さんすごくヨカッタ!!!!
一夫多妻制の、わがままで隔絶された王家の王様、
19世紀のタイ王国のシャム王子役を見事に演じておりました。
シャム王の高貴さ、気高さ、そして、世間を知らないわがままな王様。
ものすごく落ち着いた王のオーラを出してた。
シャム王を期待どおりに演じた謙さん。
これは適役。






ou7_20150415101110f4a.jpg


もちろん全部英語だから細部は分かりにくいけど(笑)。
ストーリーを知っているので十分に楽しめるんです。
イギリス家庭教師アンナ役のケリーオハラがこれまた素晴らしい。
ケリーオハラってね、ブロードウェイを代表する女優さんなんです。
コメディエンヌとしても定評のある大女優なので、劇場が笑いの渦に。



ou8.jpg


公演の最後には、
カーテンコールと大きな拍手。
そしてスタンディングオベーション。

その観客の表情をみていた渡辺謙さん。
手ごたえを感じたのでしょうか。
遠くからでしたが、
じんわりと目頭が熱くなっていたように感じました。



ou9.jpg


観客のなかには、日本人の姿もありました。
着物で来たのはわたしぐらい(笑)。



ou11.jpg


そうそう、最高に驚いたことをひとつ。
8泊のニューヨーク滞在期間中に、
ミュージカルを合計3本見たのですが、
どれも劇場内にオーケストラがいてすべて生演奏なんです!!!


いや驚いたな、ホントに。
舞台の下にスペースがあって、
指揮者も含めたオーケストラが隠れてるんです。
(いや隠れているわけじゃないだろうけど)
演じる役者の足元に、指揮者がいるんですから。
生演奏の迫力、これは本当にすごいことです。
生演奏とミュージカルを同時に楽しめるのであれば、
1席200ドルから300ドルの値があるというものでしょうね。

劇中に、聞こえてきた「シャル・ウイ・ダンス?」。
誰もが知っている名曲ですよね。
これを生演奏で聞けたのも嬉しかった。



ou12.jpg





渡辺謙さんは、わたしが20代の若いころに、一度お会いしたことがあって。
上司を介して、プライベートなホームパーティーをしたんですよね(笑)。
そのときに一緒に焼肉をたべたことがあるんです。
当時はまだ小さい子供だった謙さんの娘さんも、
今やNHK連続ドラマごちそうさんに主演する大女優さんに成長。



わたしの記憶に残る、大切な想い出です。









関連記事

| ニューヨークの旅 | 10:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT