PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニセコ ゆころの湯 すばらしい湯の花の層に驚く

yu1a.jpg


みなさま、連休はいかがでしたか?

わたしたちも3日から6日までお店をお休みし、温泉三昧。
一日に何度も温泉に入ってデトックス~~~♪
大将の腰の痛みも良くなったみたいです。


ニセコにある、秘境のような温泉「ゆころの湯」。
ここの湯の花がスゴイと聞いてやってきました。

見てください~~~!!!

まるで薄氷のようなものは、湯の花なんですよ~~~!!
パリパリと崩しながら入るんです。
初めてみました、こんなスゴイの。
ゆころの湯の石川さんに聞いてみると、
「お湯を入れ替えた後しばらくすると、湯の花の膜が出来るんだよ。」
まだ誰も入っていない時、つまりオープンと同時に入ればこのような現象を見ることができるわけです。







yu8_20150507095012e81.jpg


ゆころの湯は、ニセコひらふにあります。
宿泊施設もあるけれど日帰り風呂が有名。
冬は外国人でいっぱいなんですって。
でも、春から夏にかけての利用者は日本人が多いみたい。

このあたりは、冬のウインタースポーツブームが到来してから
劇的に変化していて驚きました。いやはや、びっくりです。
昔は普通のペンションしか無かったけれど、今はオシャレに変身。
蕎麦屋にうどん屋、カレーに、パン屋にコンビニまで。
これだもの、若者や家族連れが集まるわけだね。


yu1_2015050709501433a.jpg


ゆころの湯がオープンする午後2時。
平日は17時オープンですが連休中は14時オープンなのです。
事前に写真を撮らせていただく了解を得て、
ちょっと早めに到着。



yu4_20150507095015db8.jpg


地下に降りていくと露天風呂と内風呂があります。
おおお~~~露天風呂から羊蹄山が見えるぞ~~!


yu2_201505070950175ba.jpg


湯の花が何年も蓄積されてこうなるんだって。
自然の神秘を感じますね。



yu5_20150507101629869.jpg


これですよ、これ。

薄氷のように膜をはる、湯の花。
温泉好きとはいえ初めて見ました。
毎日のお湯を入れ替えた後じゃないと見ることができないそう。
そして、一番に入らないとダメなのね。
すぐに崩れちゃうから。



yu3_20150507101631806.jpg


触ってみるとね、パリパリ感あります。
おもしろい♪

yu10_20150507101630a37.jpg

これが内風呂。
中央の白い膜が湯の花。
湯の花が全体に薄い膜を張っているのが見えますか?

湯の花を顔にあてて、
天然の「湯の花パック」をやりました(笑)
おかげでお肌がツルツル!



yu6_201505071016339cc.jpg



ここの温泉は飲用としてもgoodなんです。
なんとなんと、温泉をつかって「おかゆ」や「湯豆腐」もイケちゃう。
ゆころの湯の石川さんの顔がツヤツヤなのは、このおかげなのね(笑)。



yu7_20150507101634285.jpg


早い時間がおすすめです。
ゆったりひとり温泉できるし、薄氷の湯の花も楽しめる。




yu9_20150507102626cf6.jpg



ゆころの湯の玄関では、
温泉を持ち帰ることもできます。
興味ある方ペットボトルを持参してみて。
でもアツアツだから気を付けてね(笑)。


温泉ゆころ
倶知安町山田163
大人600円4歳以上300円4歳未満無料
火曜日休み(冬季休みなし)
平日17時~21時半
土日祝日14時~21時半
ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉



関連記事

| ニセコ 真狩 ルスツ | 10:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT