PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニセコ ヴィラルピシアブティックで

lu9.jpg


あまりの変貌ぶりに驚くニセコです。
いつのまに、こんなに素晴らしいオシャレな街になってたの。
昔はペンションしかなかったニセコ比羅夫がスゴイ活気に包まれてました。
今やオシャレな避暑地ですよね。


このニセコヴィラルピシアは、
ニセコの自然をまるごと楽しめる場所。
ニセコを美味しく盛り上げてくれています。















lu1.jpg


ニセコヴィラルピシアブティックは、
お持ち帰りができるお惣菜などがたくさん。
ワインに合う洋風な惣菜が多くてワクワクしました。
焼き立てパンもあるし、ワインもあるし、人が集まらないワケがない。
ニセコならワインが足りなくなって困ることはないんです。



lu2.jpg


日中は、外にニセコの地場商品が並ぶワゴンも登場。
近郊のチーズ工房の商品や、野菜たち。
苗なども売っているんですね。


lu3.jpg


ブティックの外には白いパラソルとテーブル。
できるならここでワインを飲みたいです(笑)。
時間を忘れて過ごしたいもんです。


lu4.jpg


ほんとにオシャレで好きだなぁ、ルピシア。
ルピシアといえば紅茶のイメージでしたけれど。
ここまでニセコをオシャレにしてくれて嬉しいです。
話題のお店が増えることで海外の観光客も年々増加、
じんわりでもいいから海外における北海道の知名度も上がってほしい。




lu5.jpg




毎日お店で焼いているというパンは、
ハード系のものが多いんですって。
特にバケットはカリカリで中がモチモチ、人気です。

lu6.jpg


ソーセージや自家製のシャルキュトリーも充実。
ペンションでのバーベキューでワインのお供に。

lu7.jpg


ニセコだけのオリジナルバック。
こういうのもお土産にしたいです。


lu8.jpg



この日はレストランには立ち寄らなかったのですが、
次回は評判のいいビュッフェにも行ってみたい。


lu10.jpg


パテやピクルスなど、洋のお惣菜がずらり。
コンドミニアムやペンションなどを利用しているなら
持ち帰りもおすすめです。
店内や外のテーブルでイートインもOK。


lu11.jpg


洋の惣菜を、ニセコの日本酒「二世古きたしずく」なんかにも合わせてみたい(^^)
同じ土地で出来たものは、かならずどこかで共鳴するもんです。


lu12.jpg



定番の紅茶も買うことができます。



lu13.jpg



これこれ!
ニセコの情報がイラストで分かるガイドブック。
ぐるぐるニセコさん2015、これをゲットして歩きましょう。


lu14.jpg


すごいです、ニセコの引力。







関連記事

| ニセコ 真狩 ルスツ | 09:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT