PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニセコ つばらつばら スープカレー&和dining

tub3.jpg

外国人にも人気のスープカレー。
ニセコのつばらつばらさんです。

うちの店のお客さんに、
「ニセコといえば何を食べる?」
と聞いてリサーチしてみたら、
「つばらつばら」と答えた方が何人かいらして。


そういえば、あまりスープカレーを食べる機会がない私ですが、
「ニセコの野菜で食べるスープカレー」というフレーズが特に気に入って。
これ、札幌で食べるカレーとは異なる楽しみがありますよね。
その土地の野菜にこだわることで、差別化を楽しむことができます。

そういうの、好きなんだよな~~~








tub1.jpg


昼時間をすこし過ぎていたので、
それほど混雑することもなく入店。
赤い暖簾が食欲をそそるんです。
スパイスのいい香りが・・・・(^^)



tub4.jpg


ニセコは水も美味しい。
野菜も美味しい。

そのすべてを一度に食べるには、スープカレーが一番(笑)。
大将が注文したのは、ベーコンと野菜のカレーでした。
厚切りのベーコンに驚きつつ(笑)。
そして、甘みを感じるニセコの野菜に感動しつつ。


tub5.jpg


何も言わずにカメラ目線でベーコンを差し出してくれる大将(笑)。
ありがとう(^^)


tub8.jpg


つばらつばらのオーナーは和食経験があるということで、
さすが和のお出汁を感じるスープになっているんです。
鶏ガラや豚骨はもちろんですけれど、日高昆布を使っているのがポイント高い。
昆布でしっかりと旨味を出しているスープは間違いなく満足。
自己流のスープカレーを作ったときに、何かが足りないなと思って。
昆布を入れるようにしたら完璧な仕上がりになった、なんてこともありました。
やっぱり日本人のDNAがそうさせるのね。



tub5a.jpg


チキンレッグと野菜のカレー。
チーズトッピングで。



tub6.jpg


スプーンでほどけちゃう柔らかさ。


tub7.jpg


旨い!



tub9.jpg


ランチ営業の終わる時間なので、
ちょうどお客さまが誰もいなくなった頃。
そこでちょっとだけ客席を撮影。


tub10.jpg


ニセコの夜は長いんだって(笑)。
冬の外国人観光客は時差ボケもあるせいなのか、
夜通しバーで遊んでいる外国人も多いらしいのです。
冬のニセコはまるで日本じゃないみたいと言われているから、
一度は冬のニセコ界隈をこの目で見てみたいと思ってます。
ニセコは、ある意味、特殊に進化した街ですよね。

つばらつばらさん、7月末まで長期休業しているみたい。

次回、ニセコの秋を見に来よう。








関連記事

| ニセコ 真狩 ルスツ | 12:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT