PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日高ハイジアに泊まる スコブルの取材編

ji4a.jpg


健康マガジンスコブルの取材で日高へ。

ナチュラルリゾートハイジアに宿泊するのは2回目。
昨年の秋の終わり頃に、ぐうたびで見て予約したんです。
それですごく気に入ったんだよね。

また取材という形で再び訪れることができるなんて。
本当にありがたいことです。




ハイジアはこの春リニューアルオープン。
日高の美味しい食材をたっぷり使った、
「日高オーベルジュ」をコンセプトに。








ji1_20150619113351d3e.jpg


季節ごとに山の表情が変わって見えます。
リゾートはできるだけ季節ごとに訪れたいもの。
それでこそ本当の日高が堪能できるんだろうなぁ。



ji2_20150619113353eb9.jpg


到着したのは夕方。
もうすこしで夕暮れな空。

ji3_20150619113354a74.jpg


以前11月に来たときは初冬の風。
そのときのブログと比べると緑が違いますね(笑)。


ji4_2015061911335521e.jpg


お風呂に入ってゆっくりしたあとは、夕食です。
以前来たときに比べると、レストランの壁が取り払われて開放的な空間に。
ゆったり過ごすことができてまるで貸切みたいな感覚。
ホテルをまるごと借りちゃうみたいな特別感です。


ji5_2015061911461152d.jpg


お部屋も広いのです。
メゾネット仕様で2階がベットルーム。
カーテンも変わっていて、前よりもテレビが大きくなりました。



ji6_20150619114612694.jpg




日高は、山と海に恵まれています。
太平洋と日高山脈の魅力。


ji7_2015061911461390b.jpg



透明な山の空気。


ji8_20150619114615dba.jpg



敷地内にある自家菜園でつくられた野菜たち。
いつでももぎたて新鮮なんて、これ以上ない最高の食材入手法ですよね。


ji9.jpg


ちょっとお部屋で休んでから、ディナーです。


ji10.jpg



日高産真つぶ貝の焚火のアヒージョ


ji11_20150619115106640.jpg


これが綺麗だったわ~~(^^)
やっぱり見た目の美しさでかなりの満足感。
日高沖真タコと菜園で育てた有機野菜。


ji13_20150619115107056.jpg


スタッフ一同で育てた野菜と
日高の食材を堪能できるという幸せ。
都会の雑踏から隔絶された、独特な世界を楽しめるのね。

ji12_20150619115108f9e.jpg



女神ハイジアの愛した冷製スープ。
塩が添えられているので自分の好みの塩梅で。
そのままだとほぼ塩分がないんですけれど、
これが素朴で素材の味がよくわかってgoodでした。



ji14_201506191151101d4.jpg



燻製にした日高沖赤鰈とほっき貝のポワレ。
ヴァンブランとアメリケーヌの2種のソース。


ji15_20150619115958f4d.jpg


出ました。襟裳の短角牛ロティ。
日高に来たらやっぱり襟裳の短角牛ですよね。
日高若蝦夷鹿のロティ
自家製アイコのコンポート
日高昆布のリゾット添え

ji17_20150619120000df1.jpg


最後のデザートは、暖炉のそばで。
ワインを飲みながら本日のデザートをいただきます


roke.jpg



日高昆布を練り込んだロールケーキ。
甘さのなかに、味の奥行きを感じるんですよ。
高級食材の日高昆布がたっぷりでしたね。
塩を入れるスイーツもあるけど、昆布はミネラル分があるから
食べる美容みたいな感覚でお土産にもいいと思うんです。
これ、めちゃくちゃ旨い!!!



ji18_20150619120001133.jpg


ほぼ貸切のバーで最後の一杯を。
スコブルのページでも紹介しています。



ナチュラルリゾートハイジア
日高郡新ひだか町静内東別383-5901
部屋数7室
ランチやディナーのみの利用も可能


ハイジアホームページはこちらです←ステキです



















関連記事

| 静内 浦河 えりも | 09:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT