PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トラピスト修道院と松前城下町 道南をめぐる旅 

matu1.jpg


北海道新幹線開業で話題の道南。
それに伴い様々な観光事業がスタートしています。

函館、江差、七飯、奥尻などできるだけ回ってレポートしてきました。
写真では伝わりにくいけど、実はのんびりゆったり旅なんです(笑)。
歴史の深い城下町を訪れると、大河ロマンみたいな歴史を勉強できるんです。
これらの資料を読むのが実に楽しかったし、刺激的でした。

事実は小説よりオモシロイ。



車で行くのが一番ラクなんだけど、
7月から9月末まで運行する、
観光バスと路線バスが3日間乗り放題という「千年北海道手形」というのがあるんです。
松前と江差の街で乗り放題というのはとってもお得ですよね。


というわけでさっそく行ってみましょう~~~!









ko1_201507151031560b7.jpg


朝、函館駅前バス案内所にて「手形」を購入。(4800円)
広大なエリアの定期観光バスと路線バスが3日間乗り放題です。
江差から奥尻へ向かうフェリーも2割引き。

まずは、4番乗り場から出るバスを待ちます。
あらかじめ予約しておいた「江差・松前名所周遊号」に乗車で~~す。




ko2_20150715103158426.jpg


パンフレットも忘れずにもらいましょう。
乗り放題と言っても定期観光バスは予約が必要だったりするから、
これを熟読して豆知識を仕入れてくべしべし。
わかんないことは電話で聞くべし。


ko3_20150715103159cf2.jpg



パンフレットと同じデザインのバスです(笑)。
ということで、最初の到着地は、北斗市の名所トラピスト修道院。
実はここの売店のソフトクリームが有名なんですよね(笑)。
アッサリしているので夏にばっちりなんだって。
甘いものが苦手な人もここだけは食べられるという人気のソフト。



ko4_201507151032013ce.jpg



最高に天気がいい~~~(^^)。
熱中症対策と日焼け止め対策必須です。


ko5_201507151032127f6.jpg


恥ずかしいことに知らなかったんけどね・・・・・
トラピスト修道院って男子修道院だったんだね!!!!
いや~~男の楽園だったんだねぇ。

明治29年に建てられた日本で初めての男子修道院。
日本の文化で言えばお寺のお坊さんに近い存在なのでしょうか。
現在も30人ほどの修道士たちが生活してるのね。






松前藩屋敷へ



ma1_20150715105458de7.jpg


松前まぐろで有名な松前です。
この松前藩屋敷は、当時仙台以北最大の街と言われた城下町。
北前船が走る海の道を産物や文化が行ききし栄えました。
その松前を再現したのが、この松前藩屋敷なんです。


ma2_2015071510545902f.jpg

近江商人の商いを再現したもの。
当時の呉服屋さんって、こんなんだったのね(^^)
時代劇で見るのとはまた違って楽しい。


ma4_20150715105500218.jpg


本当に江戸時代に来たみたい。
ここで日本の文化を堪能するイベントできそうだよね。
浴衣や着物を着てこの街を歩きたいです。
特に夜の江戸なんていいよね♪





ma3_20150715105502733.jpg


昔の下駄や草履。
江戸時代の人は小柄だったから、靴が小さい。
わたしも昔の下駄を大切に持っているけれど、
小さくて入らないもんね(笑)。



ma5_201507151055034e7.jpg


「丁や」とは旅籠のことで、
今でいう旅館のことですね。
入り口を入ると帳場があり、
当時はたくさんの客室があったそうです。


ma7_20150715111200512.jpg

江戸の庶民の生活を、
感じることができるような気がします。

敷地内には、松前漬けを買うことができるお店もあるよ。
「あさみ商店」のお母さん手作りの松前漬けが美味しかった!
お母さんありがとう!

ma8_2015071511120201b.jpg


すこし歩くと、光善寺や血脈桜も。
松前神社でおみくじを引いたら「大吉」だった!
大吉なんて久しぶりだわ(笑)。去年は凶だったし(笑)。
確かに晴天に恵まれたいい旅行になりました。



ma9_201507151112047d1.jpg


夜にはライトアップされる松前城。
松前公園全体にある名所がライトアップされるので、
季節ごとに来ると違った景色を見ることができます。
特に有名な桜の木が多いから、春が見頃だね。


ma10_201507151112052a2.jpg


松前城下町を散歩しながら。
お菓子の中村屋さんで販売している「あわび最中」。
本物のアワビはお土産で買えないけど、これなら買える!!(笑)


ma11_2015071511120693e.jpg



女将さんがつくる松前漬けが有名な矢野旅館。
こちらの1階にレストランがあるんです。
「あわびごはん」を堪能しました。
もち米とあわびの柔らかさを楽しみながら休憩。


続いて、観光バスに乗って江差へ向かいます。

千年北海道手形とは?こちら




















関連記事

| 函館 七飯 江差 北斗 | 11:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT