PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

奥尻島へ行ってみよう ブナの木が美しい復興の森

okushiri1.jpg


はじめて行ってきました、奥尻島です。

江差からフェリーに乗って2時間と少し。
小さな船旅を楽しみながら到着。
夜のフェリーに乗るとスルメいかを獲る「漁火漁」の様子が楽しめます。


奥尻島では、またとない晴天に恵まれました。

ちょ~~最高の青空。

そして奥尻ブルーの海。








okushiri2.jpg

奥尻の海は、エメラルドグリーンに近いのね。


ok1_201507171132209fd.jpg


こちらは奥尻へ行くハートランドフェリー。
2等船室で2570円。


ok2_20150717113222b23.jpg


18時出発のフェリーに乗船。
沈む夕陽を見ながら。
夜9時には奥尻島に到着して川尻旅館へ。
島は街灯が少なく、真っ暗なので何も見えないけど無事に宿へ行けました(笑)。



ok4_201507171210140be.jpg


爽やかな朝を迎えて。
朝9時に奥尻島観光協会の佐藤さんと合流。
奥尻島へ来たらガイドさんをお願いしたほうがいいよ。
すばらしい場所へ案内してくれるから♪

ok5_20150717121016e17.jpg


ガイドしてくださったのは、奥尻島の「復興の森」。
奥尻はブナの離島北限の地なのです。
あまりの空気のよさに、思わず深呼吸。


ok6_2015071712101656e.jpg


奥尻島の豊かな水資源は、このブナの森があってこそ。
ブナの葉って落葉してもなかなか土に還りにくいから、
土に繊維質が残り、歩いていても地面がフワフワなの。


ok7.jpg


これこれ、ブナの実。


ok8.jpg


ブナの木は、4年に一度しか実をつけないんだって。
ということは今年は4年に一度の年にあたるそうで。
ブナの実が狸の好物らしいのね(笑)。


ok9.jpg


知らなかったんだけど。
奥尻島って、熊がいないんです。
蛇もいないし、鹿もキツネもいない。


何がいるかっていうとね・・・・ちゃんです。
なんと狸の王国です。
天敵がいない狸にとって奥尻島は楽園だろうね(笑)。



ok10.jpg


ブナの森は、土が柔らかく水はけがいいんです。
だから水たまりが出来にくい。
するとね、水たまりに生息するアメンボなどが少ないから、蚊も発生しにくいんだわ。
つまり、虫よけスプレーがいらないの!!すごいわ。


ok12.jpg


森を進んでいくと・・・・・樹齢250年のブナの木がありました。
大きくて太くて雄大で。


ok13.jpg


復興の森は、誰でも散策が自由です。
実は特に申し込みもいらないので森に入れるの。
でも、急な道も多いから気を付けて歩きます。


ok14.jpg


細い道を歩いていたら、
大木が倒れていて道を塞いでました。

もう力尽きて折れちゃったのかな。



ok15.jpg



これは何の実なんだろな。
ブルーベリーじゃないのよね。


ok16.jpg



こんな白い花も咲いてます。
銀竜草という名前の花。
別名ユウレイタケ。
確かに、ちょっと幽霊みたいですよねぇ(笑)


ok17.jpg


森の中では、ウグイスの声が響きます。
春にはウグイスの赤ちゃんが歌う声が可愛いんだって。

1時間くらいの散歩コースがおすすめです。
最高に気持ちがいい森林浴です。


okushiri3.jpg


なべつる岩。
いつものポジションの反対側から見たところだよ♪
この角度もいいよね!




 今回の楽しい旅の決めて
 『江差・松前 千年北海道手形』の詳細はこちらから



関連記事

| 函館 七飯 江差 北斗 | 12:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT