PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

11月のW27

w11_2015111212585914a.jpg




やっぱり定期的に足を運びたい、「W27」です。


最近、ニューヨークで様々な食を学んできたというスタッフ。
久し振りにお会いするシェフは、ますます魅力を増したように見えました。



若いスタッフも入って、
エネルギッシュなホールに。





8品で3500円という値段設定。
毎月変わるメニュー。
フレンチだけどあっさりした一皿が多いので、
年齢問わず食べられるの。







w1a.jpg


今日は、日ごろお世話になっている皆様と。
なんだかんだ言って、もう5年のお付き合いをしているメンバー。


w1_201511121259020a1.jpg


日曜日なので、
みんな仕事はお休みなのだ。
心置きなく飲めるんです(笑)。


w2_201511121259034f7.jpg



毎回、驚いてしまう前菜。
今日も楽しい盛り付けで。

エゾシカのローストがこれまた柔らかいのです。




w3_20151112125905156.jpg



8品も出てきますが、
ひとさらの量が少なめなので
たくさんの食材を食べることができるのね。



w4_201511121307282c5.jpg


パンにつけるペーストが倒れたまま登場(笑)。
いつも驚かせてくれるんだよね。
こういうのが楽しくて。



w5_2015111213072946a.jpg


燻製した鯖をスプーンで食べる。
あっさりしてて美味な一皿。



w6_201511121307305bd.jpg

w8_201511121307338d6.jpg


ふすまに包んで蒸しあげた、ゆり根の甘いこと。
ホクホクで甘くて最高なのだ。
北海道産のゆり根はこうやって食べるのが一番だと思う。



w9_2015111213133461f.jpg



ここで話題になってしまうのが、
やっぱり食のハナシ(笑)。
どこまで食いしん坊なんだべな私達~~(´∀`σ)σ



w10moza.jpg



日曜日のW27は若干空いてて、ねらい目です。




w12_20151112131337793.jpg


ご一緒したのは、いつも笑って楽しませてくれるMさん。
そして、ぐうたび編集長の村澤さんと。
テレビ出演が縁で知り合った、食と旅を愛する仲間です。




w13.jpg



函館直送の活平目のムニエル。
ポワロ葱とフロマージュブラン。


w14.jpg


横に飾られていたお花。
小さくてとっても綺麗でした。



w15.jpg



道産牛とビーツと紅芯大根。


w16.jpg


デザートは2種類も。
あっさりしているから大丈夫です。



w17.jpg


料理している姿をそのまま見られるのが、オープンキッチンの魅力。
客席との一体感も感じるし、
絶対的な信用度も高くなります。




w18.jpg


最後のデザートは、お米のパフをかけて。



8品でリーズナブルに楽しめて、
驚きの演出もしてくれるW27。
年末の宴会は早めの予約を。
(1か月前からしか予約できないけど^^)




来月の食材は、なんだろうにゃ~~(*´∀`人 ♪







関連記事

| 北海道のお店紹介 | 13:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT