PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南青山カストール 看板のないフレンチの名店

ka4_201511190856568ce.jpg



東京南青山。

仕事でおつきあいさせていただいている会社へご挨拶。
ブログでレシピを掲載したことがご縁となり、
約7年ほどのおつきあいになったでしょうか。
早いもんですね~~ほんと(^^)




ブログがキッカケで、
どれだけたくさんのご縁をいただいたんだろう。
「好き」をブログで情報発信したことで
たくさんのチャンスが待っていました。

約10年前に書き始めたころは、
そんなことを思いもしなかった。
時代と共に、10年越しでブログを書き続けている人は少なくなりました。

10年越しブロガーで集まってみたいです(笑)。






場所は、南青山のビルの2階にある、
看板の出ていない隠れ家フレンチ。
「カストール」です。










ka1_2015111908565828b.jpg

カストールは、1984年渋谷で開店したフレンチの老舗。
渋谷や京橋での営業を経て2015年春に南青山に新装オープン。
開店32周年を迎えたカストール。
これからは、家族でゆっくりとやっていきたい
と語るオーナーシェフ藤野賢治さん。

家庭画報8月号でも紹介されたお店です。



ka2_2015111908565910c.jpg


「32周年メモリアル・メニュー」
完熟トマトのすりながし椀
欲張りの人達のオードブル盛り合わせ
栗のポタージュ クルトン添え
オマール海老のポッシェ 野菜のエチュベ クレーム・ド・オマール
知床で獲れたエゾ鹿のポワレ ソース グランヴェニール
生姜ピラフ
プティ・フール
コーヒー




ka3_20151119085700991.jpg



なめらかで優しい味わい、栗のポタージュ。



ka5_201511190857029ce.jpg


トップの画像でも紹介しているのが、
このオマール海老のボッシュ。
藤野シェフのパーフェクトな火入れ加減に思わず笑顔(笑)。


ka11_20151119093445084.jpg


フランス料理の本が今のような日本語訳もなく、写真も無かった時代。
どんな料理なのか想像をふくらませながら作ったという、ムッシュ藤野。
「不便」が生み出した、イマジネーション能力の強さ。
そして、この柔和な表情。



マダムはNHK「今日の料理」でも知られる藤野嘉子さんなのです。
素敵なご夫婦♪



ka6_20151119093429fdd.jpg


メインは、もちろん エゾ鹿 を選びますとも。 \(//∇//)\

北海道知床の清里町からの直送なんです!
美味しかったわ~~~!!
北海道のみんなにも食べてほしい一皿。


ka16a.jpg

エゾ鹿のとなりにあるのは、根セロリ。(写真は現物)
香草の香りがするマッシュポテトかと思いきや、
根セロリなんですね。輸入しているそうです。




ka7_20151119093430c90.jpg

ナパバレーのメルローと。



ka8_2015111909343295f.jpg


なんと、ここで衝撃の一皿が!!


生姜ピラフです!!!

バターライスと生姜のコラボ。
フランス料理にゴハンというのが
驚きなのですが、これが受けるんですって。
しかも、独創性のある食材の組み合わせ。
フレンチの伝統を残しながら新しいことにも挑戦する。
カストールの料理には驚きと優しさがいっぱいです。


ka9_20151119093433bea.jpg


デザートは、パティシエである娘さんが作ります。
これはふわふわでアツアツ、ヘーゼルナッツのスフレ。
オレンジキャラメルソースをかけて。
ヨーグルトとハーブのアイス添え。


ka10_20151119093435e01.jpg


小菓子と珈琲で。



ka12_20151119100327efd.jpg




32年の歴史があるフレンチのカストール。
その味を堪能できた貴重な夜。
ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました(〃▽〃)


ka13_2015111910032831a.jpg




CASTOR カストール&ラボラトリー
東京都港区南青山6ー13-5
ポルト・ボヌール203
電話03-3409-1512
日曜月曜休み
ランチ12時~
ディナー18時~
予約のみ。
看板ありません、目印はこの国旗だけ。
料理教室やってます。
カストールホームページはこちら











関連記事

| 東京の旅 | 10:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT