PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小樽 osa winery オサワイナリーでワイン会 「tabi」本日発売

osa13.jpg



昨今、北海道のワイナリーはどんどん増え、
今現在27(いやもっとかな?)ほどのワイナリーがあると言われています。
切磋琢磨している北海道のワイン造り。
そのレベルはどんどん上がっているようです。

お店で毎日、お寿司と道産ワインの愉しさを提案しているわたしには、
わくわくするような嬉しいことでした。




小樽駅から徒歩10分もかからない場所に、
趣のある蔵づくりのワイナリーが出来たのは、昨年10月のこと。
「osawinery(オサワイナリー)」です。
















osa1.jpg


小樽駅から徒歩で行ける距離。
街中で親しみやすいワインをつくりたかったという福岡出身の長直樹さん。
さてさて、今日は長さんのお話をゆっくり聞いてみましょう。


osa2.jpg


蔵造りの建物に入ると、
このようなかわいい看板が。

osa3.jpg


はいってすぐの左側に見えるのは、醸造タンク。
音楽好きな長さんは、ワインに音楽を聞かせています。
どんな音楽なのか実際に聞いてみたいですね。


osa6.jpg



母親に誘われてはじめてワイン会に行き、
ワインの奥深い世界に魅了されたという長さん。
20歳の時にバックパッカーで数か月イタリアを訪れ
そこでイタリアのワインと料理に出会い、
ピエモンテに強く憧れたそうです。

最初はインポーターとして頑張っていた長さんですが、
あまりに好きすぎてワインを造りたいと思うように。
3年前に10Rのブルースさんのワインを知り、
10Rワイナリーで研修を終え、
地元福岡の外食企業と手を組み、
北海道で場所探しをし始めたのです。


昨年の8月に醸造免許を取得。
10月に小樽の街中に醸造所とショップ、
そしてワインバーをオープンさせました。


はじめは縁のなかった北海道でしたが、
ここでワイン造りを学び、いつか
イタリアでワイン造りがしたいと語る長さん。
その目はとてもイキイキしていて実に楽しそうです。




osa5.jpg



小樽にワイナリーをつくろうと決めたのは1年前だとか。
札幌にも近く、余市も近く、小樽駅から徒歩圏内。
街中の都市型ワイナリーとして注目ですね。


osa6a.jpg


現在のラインナップ。

o(オー)limited edition 2015
北海道余市産のデラウエアに旅路とブレンド。キレのある辛口。1287本生産 2700円

o(オー)della bossa 2015
北海道余市産のデラウエアと旅路のブレンド、limited editionに比べて口あたりやわらかい。2200円
(ワイナリー限定販売)

tabi(たび)2015 なんと本日1月25日発売!
小樽発祥の貴重なブドウ品種「旅路」。搾汁率は65%に抑え、フレッシュな仕上がりに。
余市産「旅路」87%、神戸産シャルドネ13%をブレンド。
神戸のブドウにも惚れ込んでいるそうです♪
tabi~旅~という名前をつけたのは、幸せ探しの旅、あたらしい始まりを意味しています。
デザインは梅や桜という和をイメージ。寿司にも合うのはコレ!!!
3000円1300本生産

tabi2015は、今日からお店でも飲めますよ~~~えへへへ (=゚ω゚)ノ





osa15a.jpg

オサワイナリーは、まず醸造施設を先につくっています。
今はまだ余市の農家さんから葡萄を買い付けていますが、
今年から自社の葡萄を植え育てていくそうです。
数年後も楽しみ。


osa7.jpg

キュートな桃色のワインは、
余市 登のキャンベルアーリー。
長さんの奥様お手製ピンチョスと。



osa10.jpg


そして、なんと、寿司が出てきました(笑)。
これは嬉しい!!!
しかも仲間内の小樽伊勢鮨。



osa16.jpg

きゃあああああああああああ~~~~~~

Σ(゚□゚(゚□゚*)


なんと シャルドネ鍋 ですよ!!!(笑) 

鶏肉と野菜をシャルドネで煮込んだ鍋なんですって(笑)。
(驚きすぎて鍋全体の写真を撮り忘れた)
シンプルに塩で食べたあとは、ポン酢や柚子胡椒でね、

osa17.jpg


この日は函館の農楽蔵のワインも登場。
noraブラン2014とnorakenヤマローネ2014(このヤマローネはかなり希少)
函館の街中にある農楽蔵ワイナリーのファンだという長さん。
こんな貴重なワインも飲めました。

osa89.jpg


オサワイナリーでは、禁煙&ウンチク禁止です(笑)。
そういうところも親しみやすいヽ(´∀`)ノ




「tabi2015」本日発売です。


osawinery オサワイナリー
北海道小樽市色内1-6-4
電話FAX0134-61-1955
osawinery@gmail.com

ショップ&バー
木曜日から土曜日 14時から20時まで
バーではテイスティングセットや軽いフードもあり。
https://www.facebook.com/osawinery/




関連記事

| 寿司屋のお酒手帳 | 14:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT