PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

テアトロ ディ マッサ Teatro di Massa 極上のイタリアンランチ

te1a_20160427104116701.jpg


美味しいお店しか入っていないという有名な大洋ビル。

こちらの2階の奥にあるのが、

極上イタリアン「テアトロ ディ マッサ Teatro di Massa 」。



4月から心機一転。

新しく新田裕也シェフを迎えてスタート。

その評判がすこぶる良いのです。



最初に出てくるスープの美味しさときたら!








te1_20160427104117fa0.jpg


入店した瞬間に感じるものを大切にしています。

ここの空気に漂う、いさぎよい透明感。


te3_2016042710411893f.jpg


春にシェフに就任した新田さんは、

札幌の有名イタリアンであるテルツィーナで学び、その後イタリアへ。

ピエモンテ、フリウリ エミリア ロマーニャの郷土料理を学び帰国。

その腕に驚く料理の数々。極上ランチの幕開けです。



te4_20160427104120e0d.jpg


ビーツのスープ。

まずはこの香ばしい野菜の旨味が生かされたスープ。

ご一緒したグルメ仲間の歓声が(笑)。


te2_20160427104121f2e.jpg


このスキッとした空気感。

画像でも伝わると思います。



te5_2016042711052160b.jpg


丁寧さが見える、オープンキッチンの醍醐味。

小さなフライパンで軽くトーストしてから出てくるパン。


te6_20160427110523cd0.jpg


ランチは2800円から。

この内容でこの値段はお得です。

おしゃべりが止まらないメンバーにはコースじゃないとね。

時間が足りないのです(笑)。


te7_20160427110524b0c.jpg


今が旬のホタルイカ。

このパスタは食べると分かるんですけれど、

ホタルイカの量がすごく多いんです。

だからこそ、この濃厚な旨味。


te8_2016042711052523d.jpg


パスタの後に、もっちもちの北あかりのニョッキ。

口の中で溶けるんです。

ちょ~~~~~~美味しい(笑)。



te9_2016042711052781b.jpg


肉は知床鶏。

まろやかな肉汁と、弾力のある肉質が旨い。

美味でした♪


te10_2016042711112443c.jpg


デザートを選ぶのも悩むのよね。欲張りすぎです(笑)。


te11_201604271111258ea.jpg


新田シェフが自ら、デザートの仕上げを。


te12_20160427111126b8b.jpg


te13_20160427111128497.jpg


春は苺だよね♪

食いしん坊メンバーはみんな大満足でした。


te14_20160427111129528.jpg


食後のコーヒーの器は、エルメス。

とはいえ、気軽に愉しめますよ。


te15_20160427111139a2c.jpg


新田シェフの背中。

とても力強いものを感じるなぁ・・・・・。

写真を見ながらそんなことを思いました。



カウンターが広いので、ひとりでもイケます。

今度はひとりランチへ。




テアトロ ディ マッサ Teatro di Massa

札幌市中央区南3条西8丁目7 大洋ビル2階

ランチ12時から14時(木~日曜)

ディナー17時から24時

火曜定休

http://www.teatrodimassa.com/


















関連記事

| 北海道のお店紹介 | 11:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT