PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

全国鮨研究会 理事会 2016大阪



20160610134521186.jpg


大阪で開催された

全国鮨研究会理事会に参加してきました。


大阪は雨模様だったけど、

天気が回復して晴れ間もあり最高の飲み日和でした~~(笑)。



大阪といえば、「箱寿司」。

大阪淡路町にある「吉野寿し」さんへ。

創業170年の箱寿司の歴史と文化があります。









20160610133848339.jpg


泊まったホテルはこちら。

大阪梅田にある「アルモニーアンブラッセ大阪」。

6年ほど前にオープンしたラグジュアリーホテル。

ネットで見つけて早めに予約しておいたのね。




ツインの部屋を予約しましたが、ダブルにしてくれました(笑)。

旅をするときは荷物を少なくする主義なので、持ち物は小さめのカバンひとつ。

備品はできるだけホテルで貸してもらうことが多いのです。

その点、ここはいろいろな要望に応えてくれて有り難かった。




会議の前日入りしてホテルで夕食。

このときはシャンパン飲み放題というプランがあって、も~~~~(笑)。危険な夜(笑)。




ホテルから見た夜景。

お部屋で、シャンパン片手にテラス飲みです。




理事会では、最近の寿司屋の傾向などの発表があったり、

若い人材をどのようにして育てていくのかなど、

積極的な意見交換の場になりました。





理事会のあとは、懇親会へ。

男性陣の足取りも軽い~~~~(笑)




飲み放題会場に集合して乾杯!!!

この時間になると、みんな、生き返ったように元気になります(笑)。

ほぼ男性しかいないこの理事会........だれか女子いないのか~~~???



1次会のあとは、男性陣だけで、夜の道頓堀へ・・・・・(笑)。

男性陣総出で、どこへ行くのかは聞かないことにしよう(笑)。


わたしは、寿司を食べに行きます!!!

寿司屋なんだから寿司食べたいんだってば!!

創業100年以上の歴史がある「英ちゃん寿司」へ。

ついでだからと、東京の寿司屋チームが付き合ってくれてみんなでレッツゴー。




なんと!!これは見たことない。アナゴの握りですよ、コレ!

アナゴのえり巻き寿司です。ボリューム満点でインパクト大な握り。

東京の寿司職人チームとともに大盛り上がりの宴会に(笑)。




このあとホテルに帰ろうと思いつつ、繁華街をぶらぶら。



通りがかりで見つけたたこ焼き屋へ(笑)。

さすが食い倒れの町、大阪です。

このあとホテルに戻って就寝。。。。。。(〃▽〃)






翌日のランチ。


メンバーである大阪「吉野すし」の箱寿司をいただきに。

大阪で握り寿司よりも歴史のある「箱寿司」です。

吉野寿しは、なんと170年前の江戸時代から続く老舗の寿司屋。

鮨の文化を味覚で感じなくてはと、早速ランチにやってきました。

7代目の若旦那がおもてなしをしてくださいました。

嬉しい~~~~~ヾ(o´∀`o)ノ




期間限定の「大阪づくり」で一杯(笑)。




7代目が目の前で作ってくれたのは、鯖の箱寿司。

甘すぎず辛すぎず、主張しすぎないバランスのよいシャリ。

鯖の旨味を上手に引き立てるその技に、感動しきり・・・・・旨い!!




「旨いなぁ~~~」

とつぶやく寿司職人メンバー。



厚焼き玉子と、鯛やアナゴ。

シイタケの甘煮と車エビの上品なお味。

一粒一粒の酢飯がふっくらしていて美味。

素晴らしい。

いくらでもお腹に入るわ・・・・・(´∀`*;)ゞ



この箱寿司には、170年の歴史が詰まっています。






大阪の伝統食である、「箱寿司」をいただけて最高なランチ。

おつきあいいただいた寿司職人の皆さま、ありがとうございました。



全国の寿司屋が集まって情報交換をし、一緒に飲む(笑)。

会合も大切だけど、飲むのが楽しいんだよね~~\(//∇//)\

来年の鮨研究会の大会会場は、奈良県

これも相当に盛り上がりそうです(笑)。





関連記事

| 札幌鮨研究会 | 13:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT