PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小樽 青塚食堂 ウニそばと八角焼き

64000000186.jpg


小樽散歩。


小樽水族館のすぐ近くにある「青塚食堂」。

まるで漁師飯みたいな豪快な一皿を出してくれる店。



青塚食堂は旅館の中にある食堂で、

祝津の海の幸をそのまま食べることができる場所。

鮮度もいいし、豪快。

地元の人たちが家族連れで利用してて気軽に立ち寄れる感じです。

浜のおかあさんたちも元気よくて(笑)。











64000000197.jpg



いやはやスゴイわ(笑)。

朝10時から夜8時まで定休日ナシで営業してます。

ここにいると家の茶の間にいるみたいな解放感。


64000000196.jpg


ニシン御殿といえば小樽です。

食堂の軒先でニシン焼いてる(笑)。



64000000195.jpg


混雑していた昼の終り頃に一枚。

昔のドライブインみたいな昭和の食堂。

これがたまらなく好きなんです(笑)。

ドライブイン全盛期時代を思い出します。

よく、父と一緒にドライブインめぐりをしていました。



64000000189.jpg



お品書きの中にある「花魚丼」。

ホッケの蒲焼丼なんです。

これは個性的などんぶり。

青塚食堂オリジナルだと思う。



64000000187.jpg


青塚食堂といえば、これですコレ。

「うにそば」です。

昔ながらの色の濃いつゆに、

蒸しバフンうにが乗っている蕎麦。




64000000188.jpg



そういえば、昔はこういう蕎麦しかなかったんですよね。

今食べるとすごく懐かしくて~~~(笑)。

一気に昭和の記憶が蘇りましてね。

昭和の蕎麦はノスタルジー。



こういう、「食の記憶をたどる旅」ってのもイイもんです。


64000000190.jpg


お品書きで目に飛び込んできたのは、

「八角焼き」の文字!!!


64000000193.jpg


迷わずこれを注文しまして。

1尾かと思いきや、なんと大サービスの2尾(笑)。

ほんのり甘い味噌が乗ってます。




64000000192.jpg




八角は、寿司屋でも使う魚。

刺身は脂がのっていて甘いのよ。

握りでも刺身でもイケるのよ。



64000000194.jpg



これには、さすがの大将も私も、

ふたりで無言で食べました(笑)。

最後には箸を使うのをやめてダイレクトにかぶりついちゃった(笑)。

うま~~~~い。


64000000191.jpg


八角焼き980円とはお手頃だよね。



64000000198.jpg



青塚食堂でお腹がいっぱいになった後は、

すぐ前に広がる海で散歩。


深呼吸だ~~~~~~(」*´∇`)」


やっぱり海って最高です。






青塚食堂

小樽市祝津3丁目210番地

小樽水族館のすぐそば












関連記事

| 小樽 余市 積丹 仁木 | 10:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT