PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

奥尻島に泊まるなら 大須田旅館

64000000208.jpg


健康情報マガジンスコブルの取材

奥尻島と函館の旅へ行ってきました。

夫婦旅第4弾です。



奥尻島のたくさんの旅館のなかでも、

人気の宿のひとつである「大須田旅館」さんへ。



親子二代で営む宿。

奥尻島の海の幸と、山菜料理が人気なのだ。

これでもかのアワビずくし!!!!








64000000199.jpg


これですよ、コレ(笑)。

ボリュームたっぷり。

山菜とあわびで埋め尽くされているテーブルです。




64000000214.jpg


宿のおかあさんから説明を受けて、感動しきり。

すばらしい品数ですヾ(o´∀`o)ノ



64000000201.jpg


火をつける前から、網の上に鎮座しているアワビさん。

なんとか逃げようと必死に抵抗しますの(笑)。

ちょっと見ないうちに、網の上から脱走するので注意(笑)。

いつのまにかどこかに行ってます(笑)。

それほど活きがいいのだ!



64000000200.jpg


カリッと上がったカレイの唐揚げ。


64000000202.jpg


アワビの刺身は肝付き♪



64000000203.jpg


こんなにたくさんのアワビを食べたのは生涯初めてかもしれない(笑)。

この日の昼間に楽しんだあわび狩りのアワビも、お願いして持ち込んで刺身にしてもらいました。

合計4個のアワビを食べたってこと???わ~~~~ヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪




64000000204.jpg


さすがの大将もこれには驚き。

ニラとウニの鍋なんですよ。

こんなのってあり??すごいです。

ニラの香りがウニの旨味と相まって美味鍋に。



64000000205.jpg


奥尻島には珍しい山菜もたくさんあるそうです。


64000000206.jpg


わかめの根です。

一般的なわかめの茎ではなく、なかなか食べられないものです。



64000000207.jpg


あわび~~~~♪

あわび~~~~~~♪



64000000209.jpg



大須田旅館さんは、アットホームな宿。

元気な女将さんと、子育てしながら頑張っているお嫁さんと

みんなで切り盛りしている温かい宿。笑顔があったかいんだよね。

お風呂もトイレも共同だけど、この料理がいただけて1泊2食8100円からというお得さ。


そりゃあ、人気でますわ。

夕日が真っ赤に染まったら、最高に綺麗だろうなヽ(≧∀≦)ノ



64000000210.jpg


奥尻ワイナリーのシャルドネも飲める!

しかも、ちゃんとしたワイングラス。



64000000213.jpg


奥尻島ならではの海の幸に舌鼓。


もう最高です。

これ以上言うことないわ(笑)。



この夏は奥尻島へ行こう~~~~(ノ´▽`*)b☆

飛行機の旅がラクラクだよ~~




旅の宿 大須田

奥尻島宮津36-1

電話01397-2-2776

一泊2食8100円~




関連記事

| 函館 七飯 江差 北斗 | 11:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT