PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

奥尻島の日本酒 27年と28年を飲み比べてみよう

1468378879332.jpg


おはようございます~~~(=゚ω゚)ノ


先日の奥尻島での夫婦旅で

お世話になった奥尻島の観光協会に連絡し

ダイレクトに日本酒を注文しました。


平成28年度の日本酒「奥尻」はスッキリ夏らしい酒ですね!

今の北海道にはピッタリの酒に仕上がっています。


タイミングよく、27年度の「奥尻」も1本だけ入手したので

飲み比べセットにしてみましたよ~~~(^∇^)ノ

飲み比べるとよくわかる味わいの違い。

とっても面白いです!!!



1468378896187.jpg


奥尻島の米づくりは明治20年から始まっているんです。なんと130年前からです。

離島という環境の中、豊富な水と温暖な気候でお米の評価もいい。

そんな奥尻島でつくった酒米「吟風」も注目されているんです。

奥尻島の6割がブナの原生林。

ブナの原生林は天然のダムと呼ばれるほど水が豊かなんですね。

そんな奥尻の水で醸した日本酒が「奥尻」です。



ラベルは全く同じなので、裏面の製造年月日でしか見分けがつきません(笑)。

飲んでみたい方、お待ちしております。






関連記事

| 寿司屋のお酒手帳 | 12:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT