PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

利尻オタトマリ沼でバフンウニ軍艦を食べる

64000000000471.jpg


オタトマリ沼のお土産屋。

「利尻亀一(りしりかめいち)」さんの店舗の奥にある

小さな寿司カウンターで。



そこで売っている利尻のバフンウニ軍艦。

もしもここでバフンウニを見たら

絶対食べておきましょう。

朝取りのウニが食べられます。



利尻のウニは人気なので

ほとんどが築地へ行ってしまいます。

ここ利尻で見つけたら必ず食したほうがいい。








64000000000464.jpg


白い恋人の丘。

石屋製菓の白い恋人は有名だけど、商品のパッケージの景色はココなんですよ。

昨年こちらに「白い恋人の丘」が完成したばかり。

まだまだ知られていない観光スポットです。


ここでプロポーズをしたカップルには、プロポーズ証明書が発行されるのよ(笑)。

おしどまりフェリーターミナル1階に行けば証明書がもらえます(*・`ω´・)ゞ



64000000000465.jpg


白い恋人の丘の前には、こんな絶景が。

遠くに稚内市が見えるよ~~~~ヾ(o´∀`o)ノ


64000000000467.jpg


こちらは、オタトマリ沼。

(大将がリップちゃんをかぶってくれました^^;)


64000000000468.jpg


利尻山が綺麗だなぁ~~~~ヾ(o´∀`o)ノ


64000000000466.jpg


オタトマリ沼には、お土産屋さんの「利尻亀一」があります。

島にしか売っていない珍味や乾物がたくさんあるの。


64000000000473.jpg


これ知らなかった。

帆立の卵巣の珍味がなまら旨い!!

寒干しのタコ、タコの皮を干したタコジャーキー。

利尻島の珍味は、電話で注文はできるけれど、卸として流通していないものがほとんど。

まさしく島でしか味わえないお土産の宝庫なのです。


64000000000469.jpg


お土産屋の奥にある寿司カウンター。


64000000000470.jpg


ここに、朝とれたばかりのウニが軍艦で販売。

これがまた、超美味しい。

10貫食べたいくらいだった(笑)。


64000000000472.jpg


ムラサキウニと、バフンウニの2種類があります。

こちらはバフン2貫セット。

これは食べるべき一品。


64000000000474.jpg


利尻昆布ラーメンもお土産にしよう。


64000000000475.jpg


次に向かったのは、利尻礼文サロベツ国立公園「姫沼」です。

昔、ひめますを放流したことからこの名前になったそう。


64000000000476.jpg


姫沼でもウオーキングができるので、時間をかけて散歩するのもいいね。


いやはや、利尻島はスゴイ島だった。

北海道だけど北海道ではない、不思議な魅力に満ちた島。



利尻のウニ旅は、まだまだ続く。





関連記事

| 利尻島 | 10:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT