FC2ブログ

入れなかった屋台

サッポロすすきの夜景


いつのことだったか

はっきりとは覚えていない



先の見えない不安と孤独

癒される場の無いトゲトゲした毎日に
なげやりになっていた日々があった


仕事が終わった帰り道

近くの公園のベンチに座り
夜空をひとりで眺めていた


自分と同じ年頃の若者が
楽しそうに遊んでいる姿に

羨ましさを感じることも


そこに

毎日のように見かける屋台のラーメン屋があった

いつも同じ場所にやってきて

ひとり黙々と すべての仕事をこなして帰る


その屋台のオヤジの存在がとても温かく感じて
小さな提灯の明かりに ずいぶん癒されたものだ


お金の無いことやタイミングの悪さもあって
一度も食べる機会の無いまま
その屋台は姿を見せなくなった



ラーメンを食べると時々思い出す

あの屋台も こんな味だったかもしれないと







食べておけばよかったと、にっこり話す大将。
屋台のおやじさんも、いつもベンチでひとり座っている若造を
気にしていたのかもしれません。
言葉を交わさなくても、いつもそこにいてくれるということが
こころのちからになることもあるのですね。
関連記事

コメント

rurutoto

板前修業というのはホントに大変なのですねぇ。
大将頑張ってくれて良かった~♪
だからこそいま「いちい」があるんですもんね!

屋台のラーメンって一度食べてみたいなーと思ってるんですが、なかなかのれんをくぐれない^^;

アロハ

たしかにあります
ほんとですね
ことばを交わさなくても
ずっと会えなくても
   いてくれる   と思うだけで すくわれる事あります
そして 「どうぞ元気でいて下さい大切です」と
しみじみ 思う 祈る  
 人のこころを 照らせるように生きてゆきたいものです

拓海

屋台・・・。オイラも暖簾をくぐろうと思って躊躇したんです。
それから、はや○年、今でじゃ屋台を見かけることが難しく・・・。(´・ω・`)ショボーン

博多などの観光地は屋台が有名なんですけど・・・。
今度、機会があったら暖簾くぐってみたいと・・・。

あ~、ラーメン食べたくなってきた・・・。帰りに寄って帰ろ~っと。o(^-^)o

のり

いつのことだったか・・・
はっきりとは覚えていない
僕が好きだったラーメン屋がなくなっていた
お店の人に「おいしかった」と、伝えることもできないまま
もう二度と食べることのないあの味・・・

などと感傷にひたっていたら別のところででっかくなってオープンしてやがんの。花輪いっぱい並べて(笑)。

プチセレたーちゃん

うんうん・・・・・
いつきても更新されてて、コメ欄に楽しい皆さんが集ってて
おかみさんのブログは私にとって、そんな感じよ。
ホントよ。
安心して遊びにこれるの。
ホントよ。
ずっと続けていてねヽ(´▽`)ノ

kazuママ

入れなかった屋台、と書いてあったので、行列の人気店かと思ってしまいましたv-399
大将のことだったんですね。
若い時に修行して、遊ぶ暇もなかったんでしょうね。
屋台のラーメン、私何度か食べたことあります。
人気店では並んで食べましたv-411
あの美味しいラーメンのお味を大将にも味わってほしいな。
きっと屋台から、大将の姿を見ていたのでしょうね。
とても温かい気分になれました。

kurikuri

この歳になって、やっとカウンターだけのお寿司やさんに入れるようになりました(^_^)
20代のころは考えられませんでしたよ。一人でお寿司屋さんのカウンターに座るなんて。

でも、もっと歳を重ねないと「一人でカウンター」は似合いませんねえ(-_-;)

ふっ

懐かしい~。
そこに住んでました、、、飽きるほど私も屋台のラーメン食べてました、、、すすきの交差点懐かしいな。何が寂しいって、ラーメンと生きのいいすしですねぇ~。3年も帰ってないなぁ。って8千キロかぁ、、、、

道具屋

徒弟制度の中にいるとある時期まで辛さばかりが先立ちます。
このままやっていていいんだろうか?
自分はこの仕事には向いていないんじゃないか?
大将はその屋台を見て何か心に決めたことがあったんでしょうね。

ひめ

おかみさんこんばんわ

一人では どうしてもラーメン屋さんに
いけません・・(T_T)
やっと喫茶店にいけるようになりましたが・・・

ステキなお話に
今日の疲れも飛びましたぁ!

tattakatakatan

駅前の屋台のおやっさん
おかみさんの記事を読んでたら自分が20代の頃、毎週のように通っていた屋台のおやっさんのことを思い出しました。会社帰りに寄ったラーメン屋台のおやっさんと親しくなり、毎週深夜にひとり食べに出かけたりしてたなぁ。時々、ビールを差し入れに行ったりしてました^^
仕事が忙しくなり、あまり行けなくなってふた月ほどした時にいつも屋台があった場所に行ったら…いなかったんですよねぇ。次の週も、その次の週も。
ちょっとショックでしたねぇ。
短い出会いだったけど、あそこで食べたラーメンとおやっさん、忘れられないなぁ。
なんか急に屋台のラーメンを食べたくなりました(笑)

→コメントありがとう!

rurutotoさんへ
ありがとう!ruruさん!板前修業じゃなくても、仕事はなんでも大変なんですよね。彼も普通と同じように悩んで生きてきたということです。それは皆同じですね。屋台のラーメンは、サッポロにはあまりないですよね・・・・。
アロハさんへ
なんとなく、そこにいつもあるという安心感。それは、かなり重要です。人ではなくても、例えば、いつも通るところの看板だとか、何年も変わらない電信柱の張り紙とか。思い出の木とか。古い思い出の建物とか。かわらない良きものって、いいものですね。
拓海さんへ
そうですね~屋台そのものが少ないですね。
本土でもそうですか?北海道では、あまり見ないのです。
東京にいたころはよく見ましたけどね。今もどんどん少なくなっているのかなあ?屋台のおでんなんて、食べたことがないのです。
一度食べてみたいなあ・・・・
のりさんへ
わーはははは!のりさんのナイスボケは最高だなあ。(笑)
いい感じで読んでいくと・・・・これだもん。ぷっ(*^_^*)
でかくなってオープンかあ。。。。この屋台のおじさんもそうならいいんだけどなあ。
プチセレたーちゃんへ
たーちゃん、いつもいつもあたたかいコメントをありがとう。
コメントをもらうたびに、こころもいただいています。ありがとう。
ブログは、ずっと続けたいと思います。
何があっても!(^o^)/
kazuママさんへ
行列でもなかったみたいです。というよりも、
いつもそれほど入ってなかった屋台だったみたいだよ。
かなりのおじいさんだったかも。
いいなあ、屋台のラーメンは、北海道ではあまり見ないのです。
雪国だから、夏しか営業できないからだろうなあ。
だから移動車での販売ならあるんだけどね。
kurikuriさんへ
そうですね~なかなかカウンターの寿司屋が入りにくいのは
分かります~~。だって、怖いもんね(~_~;)
いくらになるか怖いしなあ。(笑)お任せコースや一人前で食べるのが一番いいかもね。ひとりで食べる方もたくさんおられますよ。
女性のひとりも。年齢も関係ないものです。
ふっさんへ
サッポロに住んでいたのですね~。この写真はすすきのの交差点付近です。つい先日に撮影したものなのです。本文の内容は、大将の修行時代なので東京での話しですけれど。(*^_^*)
8千キロ?どちらかなあ・・・・・
きっと、この画像で懐かしいと思う方がいるだろうなあと感じていました。いつか帰ってきてね~。
道具屋さんへ
そうですね・・・・
多分、大将も同じような思いをしてきたのです。
どんなひとも、かならずそう思うことがあるはずです。
好きな道であっても、そうでなくても。
そこを乗り越えないと、前には進めないですね。(*^_^*)
ひめさんへ
こんばんわ~~!ひめさん。
わははは。わたしも屋台には入ったことがないのです。
というよりも、サッポロには屋台が無いですよね。ちょっとはあるかな?寿司は屋台の店がありますけどね。
野球見てる?駒苫すんごいねえ~~!!明日もわくわく!
tattakatakatanさんへ
まあ、素敵なお話をコメントしてくださってありがとう(*^_^*)
ビールの差し入れをしたりしてよい思い出なのですね。
そんな人との交流が、あとになって、素敵な思い出になるものですね。
屋台は、突然いなくなってしまうので、さみしいですよね。
体をこわしたのかなあとか、いろいろ考えてしまいますね。
元気で頑張ってくれたらいいんですけれどね・・・・・・
屋台って、なんだか不思議な魅力がありますね。

あらっ!たまちゃん。

心のこり。

いろんな残り方がありますが、心にちからを与えてくれるってのが、いいですよね。
非公開コメント

井出美香



札幌すすきので寿司屋をしています。北海道岩内生まれ。若き頃は東京青山にてキャラクターデザインの仕事に就くも惚れた男は寿司職人!畑ちがいとも言える寿司屋に嫁いで29年。平成22年7月に乳ガンが分かり公表。お店にて女将として奮闘する日々。ブログ開設15年。

カメラ Canon EOS 6D
iphoneX

利き酒師


(株)Mizkanミツカン 寿司アンバサダー就任

(株)HABA 季刊誌北海道の旅コラム執筆

ippin食のキュレーター北海道の商品を紹介

広報ほくれん 食エッセイ執筆

北海道の旅と宿 ぐうたび旅ブログ

TVどさんこワイド出演中


★画像の転載禁止

★リンクフリー







わたしたちの寿司屋です。

鮨処いちい ホームページ




札幌市中央区南4西4
第5グリーンビル1階
電話 011-232-2321
17時から24時半迄・日曜定休
祝日はお問い合わせください
10席しかない小さなお店です
★全面禁煙です★
オープンして19年目になりました








おかげさまです

おかみさん食堂
普段使いのおもてなし100品
井出美香

ソフトバンククリエイティブより発売



おすすめ記事

寿司カテゴリー

このブログの歩み

★(株)HABA季刊誌にて北海道の旅のコラムスタート★ホクレン広報誌のエッセイ執筆★DJてつやのすすきのネオンサーカスレギュラー出演★ぐうたびサイトにて北海道の旅と宿ブログ連載中★おかみさん食堂普段使いのおもてなし100品ーブログのレシピ本発売★三角山ラジオパーソナリティー★クリエイティブオフィスキューのファンクラブ会報誌にてレシピ掲載★札幌市経済局ホームページ「さっぽろもぐー」にてレシピ掲載★HBCテレビ「グッチーの今日ドキッ!」のコメンテーター★グーグル検索ストーリーにてサッカー海苔巻き掲載★NHKネットワーク北海道にてワールドカップサッカー寿司を製作テレビ出演★フジテレビめざましどようびでワールドカップサッカー寿司を製作テレビ出演・全国放送★道新文化センターにて『ブログ講座~ブログの魅力を語る』を開催予定★札幌中小企業支援アドバイザーになりました★食品会社のレシピメニュー開発を担当することになりました★芸森スタジオにて『ハートのお寿司をつくろう!海苔巻き教室』開催★ようこそさっぽろの編集委員になりました★NHK趣味悠々『楳図かずお4コマ漫画入門』のテキストに掲載★環境首都札幌推進協議会委員になりました。★札幌市観光パンフレットになりました★NHK『おはよう日本』でクリスマスケーキ寿司を製作テレビ出演。★UHBのりゆきのトークDE北海道にてテレビ出演★北海道子連れプロジェクト『のこたべ』に掲載★『行きつけにしたい鮨屋60選』に掲載★割り箸リサイクルでフリーペーパーHAPPYに掲載★HTBニュースにて割り箸リサイクルでテレビ出演★HTBイチオシ!にて大将テレビ出演★さっぽろ村ラジオにてラジオ出演★2007年11月発売の『札幌美食料理店厳選100』に掲載★食のプロBLOGサイトに掲載★ラジオふらのにてラジオ出演★3月オレンジページネットに掲載★2007年2月FM北海道AIR-Gにてラジオ出演★2007年1月ヤフーインターネットガイド3月号に掲載★2007年1月三角山放送局でラジオ出演★2007年1月北海道ブログネットワークメンバーとして活動開始★2006年12月ブログ1周年ありがとう!★2006年11月『旅コミ北海道』に大将テレビ出演★北海道情報誌じゃらんに掲載★2006年10月東京BS-i『BLOG@GIRLS』にテレビ出演★2006年9月北海道情報誌porocoに掲載★ぐるめブログ大賞の副賞『長崎ぐるめな旅』へ出発★北海道Hanaテレビに出演★2006年6月ぐるめブログ探検隊主催ぐるめブログコンテストで大賞受賞★2005年12月23日ブログ開設★

おかみさんにメールする

お問い合わせはこちらから

translate ブログを翻訳

ブログを検索する