PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

函館 大沼鶴雅オーベルジュ エプイ 後編

IMG_8431 (2)


函館滞在記。


今年8月にオープンしたエプイ。
函館北斗駅からホテルの送迎があるので
ひとり旅にも安心のホテルです。



ゆっくり個室風呂に入ったあとは、
こちらで夕食を。







IMG_8469 (2)


お部屋からエントランスホールを抜けて。
夜空を見ながらレストランへ。


IMG_8424 (2)


他のお客様に迷惑にならないよう
早めに会場へ着いて許可をいただき撮影。
誰もいないレストランを撮るのって大好き。
空間がポーズを取ってくれているみたいで(笑)。


IMG_8422 (2)


シックで落ち着きのある空間。
奥に見えるのは木琴なんですって。
木の球を上から転がすと曲が演奏されるんです。
素敵。




IMG_8425 (2)



宿泊プランのディナーは、
「赤いアペオイ」のコース。



IMG_8427 (2)


ひとりディナーって大好きなんです。
何も話さず食べることに集中できるしね。


IMG_8433 (2)



壁にデザインされた薪木。
薪木を見ただけで美味しいものを連想してしまう。


IMG_8434 (2)




癒しを感じる暖炉の灯り。
あたたかい色温度。



IMG_8468 (2)



こちらは通路にあるワインセラー。


IMG_8441 (2)



まぐろの霜降り。
雲丹の香りも。



IMG_8448 (2)


ぼたん海老とずわい蟹。
サラダ仕立てでサッパリと。


IMG_8456 (2)


牛蒡のスープ。
山川牧場牛乳で出来た泡です。


IMG_8459 (2)



海の幸が美味しい函館。
魚介のマルセイユ。
美味しいスープはパンにひたして最後まで。


IMG_8460 (2)


本当に柔らかい肉でしたコレ。
函館の老舗である「阿佐利」で仕入れているそう。
ここでこの肉が食べられるとは嬉しい。


IMG_8466 (2)



ディナーだけの利用もできるようです。
(前日の20時までの予約)
ランチはビュッフェ形式で2000円から。




IMG_8476 (2)




明日は、朝早く起きて散歩してみようか。




エプイのホームページはこちら。









関連記事

| 函館 七飯 江差 北斗 | 10:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT