PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たったひとつのプレゼント

20060210082212.jpg


欲しかったもの
大将と知り合ってかれこれ20年でしょうか。
結婚して分かったことですが、
大将は、自分のための買い物をしません。

普通は、車が欲しいとか、ゲームソフトや、パソコン、カメラ、
バイク、釣り、ゴルフなど何か自分の趣味のために
新しい物が欲しいと思うでしょう。
それが当然ですし、人生の楽しみでもあります。

でも、いつも何もいらないと言う。

記念日や誕生日、クリスマスさえも。

大将いわく、
物は必要な分だけあればいい。

ところが、そんなある日のこと。
大将は突然言いだします。
実は欲しいものがある。

めずらしいこともあるものだと、
少しドキドキするわたし。
『なに?なにが買いたいの?』

大将の口から出てきた言葉。

包丁が欲しい。


・・・・・包丁なんていつでも買いにいくのに。
包丁は眼鏡や衣類と同じで必需品というのだよ。

心の中で、そう思いましたが、なんだか言葉にできませんでした。
寿司職人の包丁はとても高く、1本につき10万20万の世界なので、
きっと気を使ってそう言ってきたのでしょう。

じゃあ、今から買いに行こう♪

その後、専門の刃物屋さんに行き、
すごくぴかぴかの包丁を買って嬉しそうにしていました。

家庭の複雑な事情で
何も買ってもらえなかった大将の子供時代。
小学校から家族のご飯を作っていた彼は、物を買うということを
忘れてしまっているような気がします。
いつも我慢して我慢して、
それが当たり前になってしまった。

包丁を買ったその月は、
タイミング良く、大将の誕生月でした。
ちょうど良いプレゼントになったよ。ありがとう。

はじめて欲しいと言ったプレゼント。

今もその包丁を大切に使っています。


ひとりの人間の、たあいのない話ですが
最後まで読んでくださってありがとうございました。
鮨処いちいは札幌の小さな寿司屋です。


関連記事

| 夫婦と子育て | 08:54 | comments:34 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうでしたか。
大将にとって本当に欲しい物だったんですね。
そんな大将だからこそ大事に大事に使ってくれますよ☆

| あちし | 2006/02/10 11:26 | URL | ≫ EDIT

今日も愛あふれるエピソード、ほっこりしました。
なんてすてきな大将。物欲にあふれているうちのダーリンに聞かせたい話です。
ワサビ話、ご丁寧に返答をありがとうございました。
30も半ばになろうかというのに、大人が行くような店には気後れしてなかなかいけない私。
いったいいつになったら、「大人な店」に合う人間になれるのでしょうか。40になるときにまだ、こんなこといってるような気がします(笑)。

| リーフ | 2006/02/10 12:41 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!おかみさん。
似ているっ!我が夫も物欲がほとんど無く、着る物は洗濯さえしてあれば同じモノを着ています。裾直しが必要なパンツや靴を購入する時はいやいや買い物に行きますが、決して出歩くのが嫌いなわけではないのです。
自分のモノを購入するためのそういった事が面倒なようです。
大将もおかみさんと一緒にあちこち行くのはOKなのでしょうね。
そして、そういう大将におかみさんは惹かれたんですね♪
因みに先日宮文さんで牛刀購入しました。切れが良い!
でも今朝の大根つながているしぃー!
今度、おかみさんがラブラブな大将を拝見を兼ね食事に行きたいとおもいます。   v(^-^)v


| 松くみ | 2006/02/10 13:00 | URL | ≫ EDIT

私も3人兄弟だったせいか、何かにつけて我慢させられる事が多かったです。
幸せに暮らしていましたが、決して豊富にモノを与えてもらえる環境ではありませんでした。
そのおかげか、昔からものをとても大切にします。
周りの人にも驚かれるほど物持ちがいいです!
子供の頃は欲しかったものもたくさんありましたが、
そのほとんどは手に入りませんでした。
でも必要なものはきちんと与えてもらいましたし
特に不自由な生活はしていません。
今思えばすこし贅沢をしたかったんだろうと思います。
そこで我慢する事を覚えさせてくれた両親に感謝ですね。
わたしもなかなかものを買うことができません。
本当に今必要なものなのかをまず考えてしまいます。
そうすると結局今はいらないものも多いんですよね。
ご主人が自ら欲しいとおっしゃった包丁、
気持ちの重さと真剣さが伝わりました。
本当にステキなご夫婦ですね。
自分たちもそんな関係を築いてけるよう
日々自分なりに努力しようと思います。

| るな | 2006/02/10 13:49 | URL | ≫ EDIT

素敵な話ですね

私の夫も「これが欲しい」と言うことが無くて、
誕生日やクリスマスにプレゼントを贈ったことが殆ど無いんです。
こちらとしては何か贈りたいのだけど、
勝手に選んで贈ると「いくらした?」って値段のことを気にされたり(;^-^A
なので、おかみさんの「ありがとう」って気持ちが凄く分かります。
それにしても、いつも大将へのおかみさんの気持ちには感心させられ、
見習わなければって思います。
素敵なご夫婦ですよね☆

| yoyo | 2006/02/10 15:36 | URL | ≫ EDIT

おかみさんこんにちは~♪
素敵なお話に、今うっとりしてしまうと同時に
感激してしまいました*^^*
私の夫は欲しいものは必ず手に入れてしまう人なので。。。
大将は、またおかみさんからの
素敵なプレゼントを大切に使ってくださるのでしょうね~*^^*
本当に素敵なご夫婦です♪
ますます、憧れちゃいました~*^^*
素敵なお話もっといっぱい聞かせてくださいね♪

| YUKA | 2006/02/10 17:18 | URL | ≫ EDIT

あちしさん。ありがとう。
そうなんですよ、包丁が一番欲しいものみたいですね。
男の人はそういう人も、多いかもしれませんね。
それにしても、職人の包丁って高いですよおおおお。
びっくりこきます。

| →あちしさんへ | 2006/02/10 18:30 | URL | ≫ EDIT

リーフさん、こんにちは!
いつも訪れてくださってありがとう!
うちの店は、大人な店なんていうほどではないので、
ご安心ください。子供連れもいらっしゃいますよ★
わたしも、寿司屋では無かったら、カウンターの寿司屋さんは、
怖くていけなかったと思います。回転すしの方が気軽ですもの。
子供たちを連れて行ったらいったいいくらになるのか怖いですよね。
おいしいお食事ができれば、それでいいんですよ~。

| →リーフさんへ | 2006/02/10 18:36 | URL | ≫ EDIT

おっ!似ているのですか?
いいですね!すご~~く親近感ですね。

そうですね。
やはり無駄使いをしないというのは、結婚する相手を
きめる時に大切ですよね。若い頃にしょっちゅう無駄使いを
している人は、結婚しても直りませんからね~。
(独身の方、覚えておいてね~)

お、宮文さんも有名ですね!
職人の包丁って、刃先がダイヤモンド入りなんてものも
あるんですよおおおお~~!
もったいない!首にぶらさげたいですよね~。

血だらけになっちゃう?

| →松くみさんへ | 2006/02/10 18:43 | URL | ≫ EDIT

えらい!
るなさんも、苦労してきたんですね~。
るなさんが、きちんとした方だというのは、文面を通しても
伝わってきます。いくら、ネットで顔が見えないといっても、
文面もその人を表しますね。
いろいろ見えてくるものがあります。

でも、やっぱり、るなさんが
あのブログのワンちゃんに思えてくるのは、私だけ?
るなちゃんといえば、あのワンちゃんが頭に浮かび、
思わず、ワンちゃんの頭をなでなでしております。(心の中で)
それって、変だよなあ・・・。
るなさん、いつもありがとう。

| →るなさんへ | 2006/02/10 18:49 | URL | ≫ EDIT

はじめまして!訪問した先のコメント欄からこちらに辿り着き、
ついお邪魔してしまいました。
素敵なお話でめちゃめちゃ感動しました~!!(;´Д⊂)
大将のお人柄が感じられるエピソードですね。
刃先ダイヤモンドですか?!('o'=)盗まれそうで怖いですね・・。

| ビビ太: | 2006/02/10 18:50 | URL | ≫ EDIT

そのようなエライものではないですョ。
ただ、感謝の気持ちがいつもあるかな?というくらいです。
たぶん皆さんもそうだと思うのです。
本当は心の中でたくさん感謝しているはず。
でも、照れちゃうから言えないですよね。

恥ずかしいけど、たまに言うと、
それだけで、新婚気分になりますョ。
一年に一度くらいは、皆さん、愛を表現しましょう!^^;
yoyoさん、いつもありがとう。

| →yoyoさんへ | 2006/02/10 18:54 | URL | ≫ EDIT

いつもありがとう。yukaさん★
欲しいものは必ず手に入れてしまうダンナさま、ということは、
yukaちゃんのことを何が何でもゲット!したという事ですね(笑)
男たるもの、好きな女性ができたら、遠慮していてはいけません。
いいダンナさまではないですか。だってyukaさんのようなお料理上手で性格も良い人を選んだのですもの!

ブログは顔が見えなくても、その人が見えてきます。
yukaさんも同じ事を感じているでしょう?

いつも温かいyukaさん。これからもよろしく。

| →yukaさんへ | 2006/02/10 19:01 | URL | ≫ EDIT

はじめまして♪

ようこそ、いらっしゃいました~。
ブログも読ませていただきました。
楽しいブログに大笑いいたしました!
アクセス数もすごいですね。

感動していただいて、嬉しいです。
すこしでも、皆さんの心の中に、何かが残ってくれればいいなと
思っております。最近、悲しいことが続く世の中なので・・・・。

刃先ダイヤモンドって、どうですかあ?
信じられません。でも、ダイヤは硬いので魚にはいいのだとか。
ちなみに、信じられない値段だったということだけは、覚えてます。
刃先だけでも、ちょうだいって感じですね。(笑)
相当、切れ味がいいそうですよ。

| ←ビビ太さんへ | 2006/02/10 19:19 | URL | ≫ EDIT

素敵な大将ですね

寿司屋の奥さん こんばんは。
初めてコメントさせていただきます。

物が溢れているこの時代に
「物は必要な分だけあればいい」
とおっしゃる大将の言葉に感動しました。
初めてのプレゼントの包丁、
きっと、小さく小さくなっても大切に使われるのでしょうね。

贈られた人も、贈った人も温かくなる・・・
本当のプレゼントってそういうものなんですよね。
私も、ホンワカ温かくなりました。
素敵なお話を、いつもありがとうございます。

| 風花 | 2006/02/10 21:45 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです。画像の「人気blog Ranking」をクリックしていただければありがたいです。よろしくお願いします。^0-^

| うえさん | 2006/02/10 21:47 | URL | ≫ EDIT

こんばんわ
いい話しですね。大将の人柄が感じられます。
今日の記事読ませていただいて、考えさせられちゃいました。
私も娘が一人いるのですが、二人家族なのでついほかの子と差が出来ないようにと与えるものは(限界はありますが)できるだけ不自由しないように与え育ててきてしまいました。物の有り難さをもっと教えるべきだったかなと今になってちょっと反省しています。
でも欲しいものが包丁だなんて、仕事人間ですね~。笑
仕事頑張ってる人は素敵だと思います。

| どんぐり | 2006/02/10 21:50 | URL | ≫ EDIT

うちのお父ちゃんは欲しい物がありすぎるっ!
買ってなんかやらないんだけどね(笑)聞くだけ。

大将、なんだか、かっこいいですわ。

| うたの森 | 2006/02/10 22:07 | URL | ≫ EDIT

はじめまして!と言っても、わたしも毎日伺っておりました。
いつも素敵なお写真ありがとうございます。
今日のスニーカーの写真も素敵でした。
風花さんは、カメラマンですね~。
おっと、遅れましたが、娘さんの合格おめでとうございます。

大将は、物に執着しないので、
いつも身軽な人です。
とても身近にいても、勉強になる人です。
わたしとは、あまりに違う。
違うから、いっしょにいるのかもしれません。

風花さんのブログ、毎日楽しみです。
わたしも、一眼レフのカメラが欲しい・・・・。
大将とは違って、買う!計画をたてています。(笑)

| →風花さんへ | 2006/02/10 22:12 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!うえさん。
そうなんです。ランキングの画像が、なぜか出ないんです。
わたしのパソコンが変なのかな?だから、押せないんです~。
ごめんねぇぇぇ。

| →うえさんへ | 2006/02/10 22:15 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。

寿司屋を継ぎたくなくてサラリーマンになった一人息子の、妻です。
よく二人で浅草を散策するのですが、刃物屋さんの店先を通りかかると
思わず高価な包丁に見入って欲しそうな顔になる夫の姿を見るたび
「蛙の子は蛙だなぁ・・」と、おかしいやら感慨深いやら・・・
で、思わずコメント入れたくなりました。

先月、その父が亡くなり、生前の寿司職人人生話を聞き、ブログにも書いてみました。
よろしかったらウチの方ものぞいてみてくださいませ。
またおじゃまして、バックナンバーなどぼちぼち読ませていただきます。たのしみ♪
さっそくリンクさせていただきますね!

| 鈴雨 | 2006/02/10 22:16 | URL | ≫ EDIT

こんばんわ!どんぐりさん。

欲しいものを簡単に与えると
人生を生きるのが辛く感じるようになります。
欲しいものを我慢していると
人生を生きるのが楽になってきます。

大将を見ていると、うらやましくなるのです。
欲に惑わされないで、強くなれる。
わたしは大将と違って、欲しいものを買ってきた方なので、
彼との差を、大きく感じるのです。
自分の子供のためには、心を鬼にして、
買い与えない方がいいのでしょうね。

どんぐりさんのブログは温かい。
きっと、その親心を子供もわかってくれていますよ。きっと。

| →どんぐりさんへ | 2006/02/10 22:22 | URL | ≫ EDIT

こんばんわ♪
うたの森ちゃん、今日もありがとう。

はははははは。
いつも面白いコメント。
うたの森ちゃんをお嫁にするダンナ様ですもの、
きっと、とても面白くて楽しい明るいダンナさまなのでしょうね。
食卓の写真から、幸せが漂っているよ★

| →うたの森ちゃんへ | 2006/02/10 22:38 | URL | ≫ EDIT

はじめまして!ブログへの温かいコメントありがとうございます。
そうなんですか~。寿司屋を継ぎたくなくてサラリーマンに。
でも、親父はやっぱりかっこいい!いい話ですね。
そのような親子愛、すてきな話です。
まるで、うちの大将と息子の未来を物語っているような。。。

この包丁の話は、
おのろけたっぷりに、息子たちにも話しました。
息子も、やっぱり親父はかっこいいぜ。
と言っておりました。将来は継がないと思いますが・・。
ブログにもよらせていただきますね。
ダンナさまにもよろしくお伝えください。
リンクしていただき、本当にありがとうございました。

| →鈴雨さんへ | 2006/02/10 22:45 | URL | ≫ EDIT

訪問ありがとうございました。
おかみさんの「ソバサラダ」ちょいとアレンジして作ってみました。
料理はどのようにもアレンジしたりしてマネッコできるけれど
大将とおかみさんの間に流れているあうんの優しさはマネッコできませんでした。

| あまん | 2006/02/10 22:46 | URL | ≫ EDIT

はじめまして!
そうなんです。見にいっていました~。
だって、小豆が好き!って、私と同じなんですもの~!
あまんさんと好みが合いそうですね♪
私、大のあんこ好きです。パンにあんこぬって食べたいです。
東京にある、とんかつ屋のあんことんかつ?を食べるのが夢です。

そばサラダ、作ってくれてありがとうございます。
かなりヘルシーメニューなので健康にもいいですよね。
あんこ同盟ということで、(笑)
これからもよろしくです~。

| →あまんさんへ | 2006/02/10 22:59 | URL | ≫ EDIT

不思議ですね?
まあ気にせず、又遊びにきてください。
ライブドアではグルメ日記書いてます。
http://blog.livedoor.jp/y_yumi111/
にアクセスしてください。
よろしくです。^0^

| うえさん | 2006/02/10 23:06 | URL | ≫ EDIT

どうもです~。
ライブドアのブログにも遊びにいきますね~。
いろいろなブログを読んでいると、たまにあるんですよ。
ランキングの画像が表示されていないものが。
なぜか分かりませんが。時々チャレンジしてみますねぇ。

| →うえさんへ | 2006/02/10 23:20 | URL | ≫ EDIT

すみません。私、涙腺弱いもんで、只今大変な事になっております・・・
心温まるお話ありがとうございました。
心意気の素敵な大将と影でしっかり支えるおかみさん。
正に二人三脚、素敵なご夫婦ですね!
帰国したアカツキには、いの一番にお店に御伺いさせていただきます(^^)

| gou | 2006/02/11 01:57 | URL | ≫ EDIT

ジ~ン・・・

(何だかドタバタしてて…やっと来れました。)
今日の記事、楽しみにしておりました。
大将とおかみさんのお人柄がよく解る、素敵なエピソードです。
思わず、胸が熱くなりました。
私たち夫婦も、実家が裕福でなく、兄弟も多いので、子供の頃から、“物”を我慢する事が多かったのです。
だから、欲しいものは悩んで、悩んで、、そして、その時は高くても、長く使える良い物を買うようにしています。
ものの溢れる今の時代、必要なものだけを大切に使う…そういう大将の生き方は、とても素敵です。
そして、大将を支え、愛情いっぱいのおかみさんも、これまたステキ!
温かいご家族が、見えてくるようです。

| アンティーク・マム | 2006/02/11 02:03 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!gouさん。
そのような感想をいただいて、とても嬉しいです。
ありがとうございます♪
海外の生活はいろいろご苦労も多いのでしょうね。
もしも、札幌に来るような事がございましたら、
是非札幌の寿司をたべてくださいませ。
これからもどうぞよろしく。

| →gouさんへ | 2006/02/11 08:58 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!
御訪問ありがとうございます。
マムさんも、大将と同じように物を我慢してきた人生だったのですね。我慢するということは、最初は辛くて何故自分だけ貧乏なんだろうとか、いろいろ考えますよね。子供時代はとくに。
でも、あとで、大きく変わってくる。

我慢は自分を助けます。
マムさんも、助けられたんですね~。
いいご両親でしたね♪

本当にかわいそうなのは、何でも買い与えられた子供です。
自分で自分を変えていく努力を、学ばないといけないのですものね。それはとても難しい・・・。

| →アンティーク・マムさんへ | 2006/02/11 09:07 | URL | ≫ EDIT

大将のお話をお聞きして、涙が溢れました。
なんて、素敵な方なんでしょう。
そして、女将さんも。
なんて素敵なご夫婦なんでしょう。
我が身を振り返り、考えさせられました。

| おはな | 2006/02/11 14:18 | URL | ≫ EDIT

おはなさん、こんにちは!コメントありがとう。

そんなふうに言ってもらえると、とても嬉しいです。
ありがとうございます。
どこにでもある、普通の夫婦です。(笑)
ただ、ブログを通して心を文章にすると、こうなるだけで、、、。
恥ずかしい話です。
大将が知ったら、たおれちゃうかも。(笑)

| →おはなさんへ | 2006/02/11 15:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメントはできない設定になっています

TRACKBACK URL

http://ichii445.blog42.fc2.com/tb.php/65-dcd48e4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT