PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

お店の箸を変えました!★木づかい運動と割り箸

食べることには、かかせない お箸の話!!

昨日から、私達のお店では北海道の間伐材を使った箸を使い始めました!
つまり箸チェンです!(^o^)/
地球温暖化の原因となっている二酸化炭素を吸収してくれる森林。
そのためには、下刈や間伐を行わないといけません。
でも、日本の森林は放置され本来の姿で機能していません。
安い外国産の木材に押され、国産材が普及していないからです。
木材は使いすぎてもダメ、使わなすぎてもダメなのです。バランスが大事。
割り箸が否定されがちですが、間伐材の割り箸なら使うべきなのです。
木づかい運動のサイト←くわしくはここをクリック

はし1

道内で、北海道産の割り箸を作っているのは2社しかない!
写真は、ホクト製箸さんの天削箸。漂白剤や防腐剤を使っていない!

はし2はし3

天削箸(てんそげ)は、一般的な利久や元禄などに比べるとちょっと高級仕様。
割烹や寿司屋で広く使われています。(先が丸く削られ、頭は斜めになっている)

はし4
飲食店などのように、どうしても割り箸を使うお店では、
このような工夫をすることで環境に気遣いすることができます。(^o^)/

なんと、値段も安かった!
天削箸1ケース(5000膳)注文で1膳3.8円です。送料は道内600円位。
小売は応相談1本5円くらい。100本で500円(ホクト製箸)
詳しくは問い合わせてみてください。
今まで1本5.6円の外国産天削箸を使ってました・・・・(T_T)

なんと!ホクト製箸さんは使い終わった箸を木炭にするということもしているそう。
トドマツを最後までリサイクル!
箸を使う飲食店関係のみなさま、いかがでしょうか?
ホクト製箸さんはこちらをクリック
下川製箸さんはこちらをクリック←50膳からの小売あり。
じゃらん編集長ヒロ中田新聞での関連記事1 関連記事2
★いいコメントが入っています↓syo-yanさんのコメントを読んで下さい。


| 割り箸回収活動 | 09:30 | comments:30 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |