PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

農家の酒 2015 旭川高砂酒造



旭川高砂酒造で毎年発売される、農家の酒


これが店で評判が良いのです。

旭川市民が田植えから稲刈りまで参加、

うけがわファームで収穫した酒造好適米「彗星」。

辛口なめらかな口当たりと、

いちいの酢飯ともバランスが取れる程よい酸味。

火入れすることによりスッキリした後味と

米の旨味が広がる日本酒です。



農家の酒2015

純米吟醸火入れ新酒

米生産者 うけがわファーム

製造 旭川高砂酒造

原材料 米.米麹

日本酒度+4

酸度1.4

精米歩合55

原料米 北海道産彗星100%






北海道の酒、うまい!







| 寿司屋のお酒手帳 | 10:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タキザワワイナリー 新発売のデラウェア・サン・スーフル・アジュデ(亜硫酸無添加)

san1_2016032914555525c.jpg

北海道三笠市にあるタキザワワイナリー。

「デラウエア」の亜硫酸無添加ワインが25日に発売になりました!
デラウェア・サン・スーフル・アジュデ(亜硫酸無添加)。

san2_20160329145556805.jpg


これは珍しい。
亜硫酸を入れないでつくるのは
かなりの冒険だったと思います。
瓶の個体差も含め、自然な味わいを楽しみたい。
できれば添加物を入れたくないっ!これは嬉しい!(((o(*゚▽゚*)o)))


(追記)
毎日お客様に飲んでいただいておりますが、
想像したよりも香りも味わいも高く人気です。
「美味しい!!」という声が飛び交います。
ほどよく調和された酸と、派手過ぎない葡萄の香り。
亜硫酸を入れないのはここまで変わるものなのでしょうか。
正直驚いております。
できるかぎり、入荷したいと思います!



基本ワイナリーに行かないと買えません。
これが飲めるのは、
ワイナリーショップと、
鮨処いちいの2か所限定となっております。



みなさまに飲んでいただけるように、グラスでご提供します。
興味のあるかた是非。
(破格の1杯600円)

+゚。*(*´∀`*)*。゚+






| 寿司屋のお酒手帳 | 15:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小樽 osa winery オサワイナリーでワイン会 「tabi」本日発売

osa13.jpg



昨今、北海道のワイナリーはどんどん増え、
今現在27(いやもっとかな?)ほどのワイナリーがあると言われています。
切磋琢磨している北海道のワイン造り。
そのレベルはどんどん上がっているようです。

お店で毎日、お寿司と道産ワインの愉しさを提案しているわたしには、
わくわくするような嬉しいことでした。




小樽駅から徒歩10分もかからない場所に、
趣のある蔵づくりのワイナリーが出来たのは、昨年10月のこと。
「osawinery(オサワイナリー)」です。














≫ つづきを読む

| 寿司屋のお酒手帳 | 14:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年もあと10日あまり

sake12_20151220161342e38.jpg


今年も残すところあと10日あまり。


忘年会ピークの先週末は、
タクシーが拾えず帰宅難民が多かったようです。
夜中の3時でも空車が少なかった。
おまけに歩道がツルツルでスケートリンクのよう。
転倒している方を多く見かけました・・・・・・(;д;)



タクシーが拾えず難儀はありましたが
これでこそ師走のススキノでございます!!(笑)。



さて、今週も張り切っていきましょう~~~~~ ヽ(≧∀≦)ノ





| 寿司屋のお酒手帳 | 08:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本酒!日本酒!

sake12_20151209094939b61.jpg


今の日本酒ラインナップ。


常時置いてある日本酒のほかに、
10種類ほどの季節の酒を取り寄せてまして。
来るたびに違う日本酒を楽しめます。



この日は、ニ世古、北斗随想、阿櫻、獺祭、写楽、大信州。

うまい酒とうまい肴。
やっぱりコレですね(´∀`σ)σ


sake123.jpg



手書きの酒札。
毎日仕入れる日本酒が変わるので、
その都度、カウンターの前でササッと手書きしてます。

「これ、誰が書いているの~~~?」と聞かれますが、
わたしが書いてます~~~!!
しかもハガキなんですコレ(笑)。


今日は、しぼりたてのシリーズを数本入荷しますよ♪






| 寿司屋のお酒手帳 | 10:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワイナリーで葡萄の収穫




初雪が降った札幌です。

今日は三笠市にあるタキザワワイナリーへ。
葡萄の収穫のお手伝いに行ったのです。

夜の商売なんだから、
ゆっくりおいでねーという
滝沢さんの言葉に甘えて、
12時に三笠に到着したのですが、
とっくに作業が終わってまして(笑)

もー、大笑い。


ずっこけな日曜日だったけど、
大声で笑えるっていいね(笑)
普通の休日が過ごせるしあわせ。
それがいちばん。




| 寿司屋のお酒手帳 | 19:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酒肴や伸 北海道の杜氏と一緒に燗酒を

shin1_20151024102157b28.jpg


酒肴や伸。

北海道の日本酒はもちろん、
道外のおいしい日本酒を愉しむことができるお店。
朝の4時までやっているので、
たまにだけど仕事帰りに立ち寄るの。


知っている顔にも会えるしね。




「小林酒造の南杜氏と森糸さんや、
ニセコ酒造の水口杜氏も一緒に飲むから、
女将も是非。」
と誘っていただいて。
日曜日ならイケるなぁと。




お題は・・・・・・・「俺の好きな燗酒」 ヽ(≧∀≦)ノ







≫ つづきを読む

| 寿司屋のお酒手帳 | 11:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山崎ワイナリーのソーヴィニヨンブラン2014

so1_20151003090106762.jpg


三笠にある山崎ワイナリー。

先日、いつものように
ワインの仕入れのため
山崎ワイナリーを訪れました。

こちらは、ショップ販売限定のソーヴィニヨンブラン2014。
ショップの前に広がるフォレストの畑の葡萄だけを使用。
収穫後すぐに房ごと圧搾したこだわりの樽発酵辛口白ワイン。
黒ラベルの限定商品で数本まとめて購入。
先日、店でこれをテイスティングして衝撃を受けたのです。


乳酸菌のようなヨーグルトの香り・・・・・・v(o゚∀゚o)v

さわやかな柑橘のアロマとグレープフルーツの余韻・・・・・・ヽ(≧∀≦)ノ

すばらしいっっ!
すごいっ!!


カウンターにいらしたソムリエが驚嘆しておりました。いやほんと。
北海道のワインもここまで来たか。




| 寿司屋のお酒手帳 | 11:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親びんとアキのEZOマリアージュ ゲスト出演

raji1.jpg


昨日はラジオ収録でした。

10月からスタートするHBCラジオの新番組。
日本酒の師匠でもある道産酒バーかま田さんと、
HBCグッチーの今日ドキッでお馴染みの小橋亜樹ちゃん。
ふたりがタッグを組んだ酒飲みラジオが、10月スタートします(笑)。


raji6.jpg


その、記念すべき第一回目のゲストとして呼んでいただきました(笑)。

ブログのこと、利き酒師のハナシ、寿司屋のハナシなど、
いろいろなことをお話させていただきました。\(//∇//)\


毎週ゲストをスタジオに呼んで、
北海道の日本酒を紹介しながら一緒に飲む番組(笑)
30分番組だからあっという間なんだけどね。
すごく楽しかった~~~
まるで普通の飲み会がラジオになったみたい。
お茶の間で晩酌しながら一緒に楽しめる内容。


raji5.jpg



収録を終えて、記念撮影。(=゚ω゚)ノ



raji3.jpg

スタジオを後にして、道産酒バーかま田へ。
番組スタートを記念して乾杯!


raji2.jpg

道産の「ひやおろし」のラインナップも充実。
さて、このあとは仕事に急行!!!



放送は10月9日金曜の夜22時から~22時半までの30分です。

ぜひ聴いてね(* ´ ▽ ` *)

| 寿司屋のお酒手帳 | 09:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

二世古酒造へ 酒米きたしずくの水田を見てみよう

kita2_2015080110034333a.jpg


らんこし町の松原農園に行ったあとは、
二世古酒造へ向かいました。

二世古酒造は、ニセコではなく倶知安にあるって知ってました?
お店ではお客様によくその説明をするんです。
意外だね~~と驚くんですよね(笑)。
ニ世古酒造の水口さんにお話を伺ってみると、
この界隈は昔、ニセコと呼ばれていたんですね。
歴史を紐解くと面白いことがいろいろわかってくるんです。



さて、最近大人気の北海道酒造好適米「きたしずく」。
二世古酒造でも使われている「きたしずく」の水田を見てきました。





≫ つづきを読む

| 寿司屋のお酒手帳 | 10:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT