PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

奥尻・函館 夫婦旅2 鍋釣岩と奥尻ワイナリー

64000000174.jpg


やっぱりプロのカメラマンの撮影は違うわ~~v(o゚∀゚o)v



フリーペーパーで連載中の夫婦旅

この日の奥尻島はあいにくの強風だったけど

それに反して心に太陽!!(笑)

おかげで少し晴れ間も見えてきました。





奥尻ワイナリーと球島山展望台へ。






≫ つづきを読む

| 函館 七飯 江差 北斗 | 12:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奥尻・函館 夫婦旅1 奥尻島あわび狩り

64000000161.jpg


早いものでもう4回目になりました、

健康情報マガジンスコブル夫婦旅の連載です。

奥尻島と函館の2泊3日。



いままでは車で行く旅だったけど、

今回はHACの飛行機で行く大人旅。




いや~~~飛行機ってラクですね(笑)。

あっという間に函館、奥尻なんだもん。



≫ つづきを読む

| 函館 七飯 江差 北斗 | 10:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本日、北海道新幹線開業です!

shinkansen.jpg

みなさま、おはようございます。

今日は3月26日。
北海道新幹線が開業した記念すべき日となりましたね~。
いまごろ函館周辺はスゴイ盛り上がりを見せていることでしょう(笑)。









≫ つづきを読む

| 函館 七飯 江差 北斗 | 09:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

函館ロワゾー 家庭画報に掲載されたお店でランチ

ro1aaaa.jpg


函館ランチに選んだのは、こちら。
平成25年11月10日にオープンした、
フレンチレストラン L'oiseau par Matsunaga(ロワゾー・パー・マツナガ)です。



こちらの松永和之シェフは、
東京南青山とフランス三ツ星レストランで経験を積み、
奥様の故郷だったという函館でお店をオープン。





今月の家庭画報に掲載されていたロワゾー。
食いしん坊の仲間達からも賛美の声が上がっておりまして。
外観が見えたときのワクワク感と来たらも~(笑)。









≫ つづきを読む

| 函館 七飯 江差 北斗 | 10:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旧金森洋物店~市立函館博物館郷土資料館 

ka1_20160323114710e4d.jpg


街の歴史を語る資料館では、
じっくり文献を読みたいほうです。
時間をかけてゆっくり読むと、
想像できなかった驚きが待っている。



函館のハイカラな歴史をつくったと言われる、
金森洋物店の初代店主・渡邉熊四郎。
どんな人物だったのだろうかと
想像するところから。








≫ つづきを読む

| 函館 七飯 江差 北斗 | 12:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

函館市文学館~函館を舞台にした映画を思う 

bun3.jpg


新幹線開業まであと4日。
連日、日本中のテレビ番組で特集が組まれておりますね~~~。

今日はちょっと穴場の場所をご紹介。
金森倉庫の裏手にある、「函館市文学館」です。
ここは、函館にゆかりのある作家たちのことを
より知ることができる文学館なのね。


bun1.jpg



1階は函館出身の作家や、
函館に住んでいた作家などの作品や原稿を展示。
芥川賞を受賞した「海峡の光」で有名な、あの辻仁成さんも函館出身。
多感な中学3年から高校時代を、ここ函館で過ごしたそう。



sokonomi.jpg


実は映画好きです。

「そこのみにて光り輝く」というディープな映画をご存知?
函館を舞台にした映画で、
綾野剛と池脇千鶴主演の、
飾りのない人間らしいストーリーが印象に残るのね。
この原作者である佐藤泰志は、函館出身です。

彼の直筆原稿が展示されていて、
じっと見つめてしまいます・・・・・。
そのカクカクした個性的な文字と、
鋭利な言い回しにキレのある文章。
佐藤泰志の生前、壊れる寸前だった感性。
40歳で自死に至るまでの軌跡の断片を
感じることができたと思います。




函館市文学館函館市末広町22番5号
9時から19時まで(冬季17時まで)
入館料300円


















| 函館 七飯 江差 北斗 | 13:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅乃寿司 函館観光大使と行く大人旅

ume1_201603190941460ff.jpg





函館グルメ旅といえば、
お寿司を食べたい人が多いでしょうね。


わたし自身、お寿司屋を営んでおりますが、
やっぱり旅でもお寿司を食べるのです(笑)。
それほどにお寿司が大好き。



グルメなメンバーと一緒にやってきたのは、
さくら通りにある「梅乃寿司」さんです。
ランチがお手頃なの。



ume2_20160319094147e95.jpg



お昼のコースをいただきました。
握りの一貫の丁寧な仕事ぶり。
評判どおりの美味しさ。
函館で有数の寿司屋なので、
予約しないと入店は難しいのよ。



70代のお父様が板場の中央に立ち、
ふたりの息子さんが切り盛りしている梅乃寿司。

わたしもふたりの息子に恵まれましたが、
今のところ寿司屋を継ぐ様子は無いので
こんな場面を見ると、やっぱり嬉しくて~(笑)。



若手が少なくなった今、
寿司文化の継承は
わたしたち寿司屋にとっても
大切なテーマなのです。




ume3_20160319094148543.jpg



写真撮影は禁止なので
カメラを出さずにおりましたが、
誰もいなくなった時間に店主の許可をいただき撮影。
スマホでガンガンSNSにアップされる時代だからこそ
撮影の許可を取りマナーを守りたいもの。

これも時代の流れなのでしょうね。
良い意味でカメラを出さない機会が増えたように思います。


良いお寿司をいただきました。

うちの大将と一緒に来れる日を願って。






梅乃寿司
函館市柏木町1番19号
電話0138-55-3133
12時~14時ランチ
17時~22時
日曜日定休









| 函館 七飯 江差 北斗 | 10:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ル・クリマ函館 函館観光大使と行く大人旅

ru1_20160317084233a92.jpg


函館おとな旅です。


函館の夜を彩るイルミネーション。
港と潮風を感じながら歩く函館。


「ル・クリマ」は
札幌のグルメ仲間の中でも
確かな定評があるフレンチのお店。



闇夜に浮かぶように建っているレストランは、
かつての教会を改装したもの。
屋根の上の十字架にその名残が。
美しく生まれ変わった建造物のなかに、
函館ノスタルジーを感じる名所でもあります。






≫ つづきを読む

| 函館 七飯 江差 北斗 | 09:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スパ&カーサ函館に宿泊 広い部屋と天然温泉 1泊2食付き7000円

kasa3.jpg

函館おとな旅。

今回の旅で利用したのは、こちらのホテル。
スパ&カーサ函館です。

コンドミニアム型のホテルで
広い部屋にキッチンと洗濯機まで完備、
嬉しい天然温泉にのんびりつかり、
各観光地への便利なアクセスもお約束。

1泊2食付で7000円(税込)のキャンペーン開催中。
ひとりで泊まってももちろん大丈夫。



supa.jpg



温泉に入ったあとは、14階のラウンジでホッと一息。
ぐうたびサイトの「寿司屋のおかみさん北海道の旅と宿」ブログを更新しました!
是非、ご覧くださいませ~~~~~~~♪


スパ&カーサ函館の宿泊の様子はこちら

↑楽しそうな抽選会もあるらしい・・・・・・・・い~なぁ~ヾ(o´∀`o)ノ




| 函館 七飯 江差 北斗 | 10:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

函館観光大使と行く大人の旅 

kanamori.jpg


北海道新幹線開業に
ワクワクしている函館。


そんな函館を応援すべく、
函館観光大使と一緒に
函館へ行ってきました。


集まった方々は
それぞれが忙しい仕事を持っています。


ということで、

函館までの交通機関はバラバラ、
宿泊するホテルも各自が手配し、
ランチとディナーの時に集合するという、
大人な旅をしようということになりました。


飛行機の人、
JRの人、
ホテルも好きなところへ。




一人旅の良さも味わいつつ、
食事はみんなで楽しく。
そんな大人旅です。




写真を整理して、すこしづつアップしていきますね。








| 函館 七飯 江差 北斗 | 15:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT